何を食べるのかよりも大事なこと。

2020年6月27日土曜日

今日は2時に起きました。寝ている間にキックされたからです。だいたい子どものキックなのですが、今日は大人でした。

自転車通勤していますが、なんとか雨に降られることなく出勤できています。雨が激しく降って嫌になったことは2日くらいしかありません。早く自分用の車が欲しいのですがもう少し我慢。2年くらい我慢するかもしれません。

ネットの工事のために管理会社に許可を求める必要があります。PDFで書類が3枚送られてきました。平日にしか受け付けてもらえないので面倒です。昨日のうちに電話連絡だけしておきました。

書斎のドアノブを分解して、サイズを測って、鍵付のドアノブをAmazonで注文しました。今日届くので届いたらさっそくつけます。今はドアノブが外れている状態。

プランタのプチトマトが1つ赤くなっていたので、収穫しました。誰が食べたのでしょうか。基本的に次男が小学校でもらってきた苗から収穫なので次男に権利があります。毎日朝夕の水やりなど世話をしているのは僕ですが。

もうずいぶん長い間食べ物に興味が無くなっていることは何度も書いています。どんなに高価な食べ物であっても、たくさん食べすぎると病気になります。また安いからと毎日ジャンクフードばかり食べていても病気になるでしょう。

僕は基本的になんでも食べます。ジャンクフードも食べますし高級なフランス料理も食べます。どちらも美味しいと思います。だからと言って、お腹いっぱいになるまでは食べません。食べ物に関していえば、どんなに高価な材料を使っていても、誰と食べるのかということの方が楽しい時間を過ごせると考えています。今でも接待を受ける立場ではあるのですが、全く興味がないのはそのためです。どんな高級なレストランで食事しても、相手次第ではひとりで食べるマクドナルドのポテトに完敗するということです。

と書いて、マクドナルドのポテト以上においしい物がなかなか思いつきませんでした。コストパフォーマンスで言えば最高という判断。

こんなことを書くと、反感を買うことになりそうですが、誰でも大好きな人と一緒にいられる方を選ぶのではないかな。違うのかな。お金が全てではないとは思いますが、結婚相手は年収を確認しないと出来ないでしょうし難しい問題ですね。あまり深く考える必要がないかもしれません。ただ料理の値段は高くなればなるほど美味しいというわけではないでしょう。値段で判断するのは他の人にもわかりやすい指標になりますが、自分が好きな料理、好きな味を景色のよい場所で食べる事を僕は選びます。

パパス
プチトマトを食べたのは長男でした。
きゅうりも収穫できそうです。
最新情報をチェックしよう!

ミニマリストの習慣の最新記事8件