もうすぐ春ですね。暖冬。

今日は5時に起きました。気温は7℃。晴。暖かい。

書いているのは2020年2月15日土曜日。来週は少し気温が下がるようですが、去年と比べてみても地球温暖化を実感。あと2週間で3月になることを考えると恐ろしく感じます。しかし考えてみると、これは異常気象ではなく通常営業的なことになって僕が住んでいる地域の冬がだんだんと温かくなっていると考えた方がよさそう。

今年の冬に書斎に小さいストーブを買おうかと思ったのですが、ほんとうに寒くてストーブが欲しくなるのは1週間くらいだし我慢しようと思いましたが、今年は寒くて石油ストーブを移動させて使ったのは1日だけ。

六甲山に滝が凍る氷瀑といわれる絶景ポイントがあるのですが、どんどん滝が凍らなくなって、シーズンを通して1日も凍らない日もあるかもしれません。とはいっても数年前の台風以降登山道が崩落に近いことになったようで、立ち入り禁止になっているので、凍ったとしても見に行くことは不可能でしょうが。※後日調べてみると、氷瀑の道は迂回路で通れるようになって去年も凍った滝がみられたようです。

これからどんどん気温が上昇するかもしれません。

もしお金に余裕があれば、夏用と冬用の家を用意して移動しながら生活するのもいいかもしれませんね。光熱費を考えるとそこまでお金がかからないのではないでしょうか。

2拠点作ると、その分同じように物が必要になりますが、必要最低限の荷物があれば生活できるので、そこまでたくさんの物を用意する必要はないでしょう。

問題は書斎関連の物。テーブル、椅子、パソコンなど。使い慣れたものがいいのでこれらは持っていくことになりそう。運ぶ時にお金がかかるかもしれません。キーボードと椅子が大事であとはなんとかなるような気がします。

もっとも高価な物は椅子になるでしょう。

先日ホームセンターで買ってきた木材をやすりで滑らかにして、色をつけて、ワックスを塗りました。テーブルに棚を作るためです。

テーブルの高さは僕が座った時に最適の高さに合わせて5mm単位で測って作りました。天板は以前使っていたパソコンデスクの物を使っています。脚だけの簡単DIY。

その脚がちょっとのことでふらつくので、後ろの2本の脚の間に木材をあてて棚を作ることでふらつきをなくそうと考えたのです。

下に棚ができたので、コーヒーの道具を並べてみました。コーヒーの道具は冬の間にしか出番がありません。寒い朝にアルコールストーブでお湯を沸かしコーヒーで身体を温めます。リビングで他の家族が寝ているので、キッチンでお湯がわかせないからです。

もちろんアルコールストーブでお湯を沸かしたりする行為自体が楽しいので、全然苦になりません。

夏はマグカップに水を注ぐだけでじゅうぶん。また下に棚を作ったのには理由があります。また明日にでも。

パパス
ネットで調べてみたら氷瀑は去年も凍ったみたいですね。僕が調べた年が凍らなかっただけかな。
まだ意外と大丈夫かも?油断大敵。
最新情報をチェックしよう!

ミニマリストの習慣の最新記事8件