そうだヨーロッパへ行こう。

今日は3時に起きました。気温は24℃。晴。涼しい朝。禁酒3日目。

昨日執筆中の『ミニマリスト家族の本(仮名)』の出版に関する打ち合わせがありました。基本的なことはまた来週に話し合う予定になっていますが、来年の発売に向けて動き出すようです。

そこで、出版のプロモーションのために現地にーーヨーロッパにーー来て欲しいと言われました。もちろん嬉しい提案ではありますが、テレビ出演は出来れば避けたいなぁと思っています。もちろんなんの実績もない新人作家をヨーロッパまで呼んでプロモーションするくらいですので、依頼があれば断ることはしませんが。というか断れないですね。

物書きとしてお金をもらう以上は、やりたくない事でも、やらなければいけない時もあります。とくに若いうちは我慢が必要です。年齢を重ねていけば多少は融通もきくようになるでしょうから今は仕事として我慢しましょう。

一定の量の文章を書いて、それが本となって、たくさんの人の手に渡り、印税としてお金が振り込まれるということは誰もが得られるというわけではないのだから。まさに奇跡というべき状況を喜ばなければなりませんね。

来年の長期休暇は日本が寒い冬の間にグアムに行こうかと考えていましたが、ヨーロッパへの出版プロモーションのためにしか長期休暇がとれそうもありません。

仕方がありませんが、家族みんなでヨーロッパに行って、仕事と仕事の間に観光を楽しもうと思います。

ちなみに持ち物はもちろん機内持ち込みの分しか持っていきません。以前ヨーロッパに1週間行った時もそうでした。簡単に手洗いが出来る素材の服しか持っていませんので、滞在先のホテルで手洗いしました。もし必要な物があれば現地で購入したらいいと考えています。

前回は子ども達の靴を買い換えました。ちょうどぼろぼろになってサイズアウトするタイミングだったので。お土産として何も買っていませんが、その靴を履くたびに思い出がよみがえってくるようで、よく旅行の話をしました。

執筆がひと段落すれば、少し長めの短編小説を何冊かAmazonの電子書籍で出版しようと計画しています。

今はまだ書いている途中ですが、アイデアがあふれて書きたい気持ちを抑えるのが大変なくらいです。

書きたいテーマが何個かあって、ある程度書き終わってから出版しようと考えています。何冊か書いた後で1番手ごたえのあった短編から発売していく予定です。

出来れば最初に5冊ほど出して、あとは毎月1冊のペースで発売出来たらいいなぁと考えています。

もちろん並行してこのブログの日記も書きますし、新しいサイトの構築もすでにスタートさせています。

自由に使える時間が少なくてなかなか作業がすすみませんが、『ミニマリスト家族の本(仮名)』の執筆が終われば少しはゆとりが出来るはず。もちろん希望的観測ですが。

暑さも和らいできたので、禁酒するをスタートさせるには最適な季節になりました。執筆に励みます。