だんだんと必要な物がコンパクトで軽量になってきた。

今日は4時に起きました。気温は26℃。曇。かなり蒸し暑いです。25℃と26℃。たった1℃の違いなんて大したこともないだろうと思いますが、体感温度は全然違いますね。

我が家にはエアコンはリビングに1台あるだけなので、子どもの勉強机をリビングに移動しました。

扇風機も持っていないので、暑い寝室で勉強することはありません。僕が早朝にパタパタとキーボードを打つことに使います。それにしてもかなり蒸し暑いですね。

陽が昇れば愛犬のポッキーと散歩に行きます。今日は残業もなく早くに帰られるので、車で出勤して仕事帰りにホームセンターに寄って木材を購入してくる予定。長男の未完成のロフトベットの棚用の木材です。

ここにランドセルの置き場所やサッカー用のカバン、剣道着、竹刀、制服など掛けられるようにします。自分専用のスペースを与えて自分の持ち物を自分で管理することを覚えてもらいます。

学校の机の中やロッカーの中がぐちゃぐちゃなので、片付けを習慣付けるために役に立つはず。

木材の必要なサイズはわかっているので、ホームセンターで購入してから木材を切ってもらって帰ってきます。帰ってきたらあとは下穴をあけてネジで組み立てて完了。骨組みが出来ているのであとは簡単に終了出来ます。

長男のロフトベットを作り終えたら、次はダイニングテーブルを作り直そうかと思います。今は大きくて重たいダイニングテーブルを使っています。

子どもが乳児期の間は、ダイニングテーブルに固定するテーブルチェアを使用していたので、大きくて重たいテーブルに固定する必要がありました。しかし、もう末の娘も3歳。テーブルチェアは卒業しました。

テーブルチェアとは・・・ダイニングテーブルなどに簡単に設置できる乳児用の椅子

もう我が家に大きく重たいダイニングテーブルは必要ありません。より軽量でコンパクトなカフェテーブルを作ろうと思います。

カフェテーブルでは5人家族で食事するには広さが足りないと心配するかもしれませんが、2つ作ります。

掃除するときには1つを1つの上に重ねられるくらい軽量でコンパクトなカフェテーブルにする予定。以前作ったスツールと同じように家族の身体の大きさに合わせて通常の2/3くらいの高さで設計します。

背が低い家具は背が高い家具に比べて部屋の中の空間を広くみせてくれます。また重ねて床面積を広くすれば箒や掃除機を使って掃除することが簡単に行えます。

このように家族で生活しているとその時々で必要最低限の物の大きさや数は常に変化していきます。

一家の主人として考えるべきことは、その時々で必要な物の数や大きさを見極めて、家族みんなが幸福に暮らせるように常にアップデートしていくべきだと考えています。

だんだんと必要な物を減らしていって、将来はバックパックひとつで世界を旅するように暮らしたい。

最新情報をチェックしよう!

日記の最新記事8件