おもちゃ三昧の日々。

2020年4月13日月曜日

今日は5時に起きました。相変わらずの快晴。どんどん暖かくなってきて今が一番いい時期かもしれませんね。花粉症がなければですが。

先日不動産を見に行きました。最近は何軒か続けて見に行っていました。緊急事態宣言の前でよかったと思います。不動産会社はきちんと休んでいるのでしょうか?そういえばメールが途絶えているような気がします。以前ほど勧誘メールを出さなくなっているのかもしれませんね。過剰な勧誘は迷惑な行為との認識が世間に広まったからでしょうか。

毎日毎日学校が休みで子ども達が暇を持て余しています。またおもちゃを買ってしまいました。今度はテレビゲーム。昔はやった日本全国を電車で走る双六のゲームです。僕はこのゲームで岡山の場所とくりきんとんの名産地を覚えました。

新しいゲームはもう生産されていないようで、8年程前に販売されたゲームを買いました。今度子ども達と一緒にやってみます。少しでも日本の地理を覚えてくれたらいいのですが。子どものころに興味をもった物の記憶はいまだによく覚えていますね。

夜な夜な遊んでいた記憶もよみがえってきました。そう考えると僕の子ども達は少し窮屈な生活をしているかもしれません。僕が子どもの時には公園でひとり木に登ったり、猫のように他人の庭の塀の上を歩いたりしました。小学5年生の時にはとなりの駅までは結構自転車で行っていました。塾に通っていたのもあって自転車での行動範囲は広かったです。

今の子ども達は親の目から離れた場所で遊ぶことすら少なくなっているでしょう。塾も親が車の送迎したり、塾の送迎バスが走っていたりします。自転車で子ども1人通わせるなんて、虐待に近い行為だと非難の目でみられることもありそうです。

夕方には中国からスポーツカーのパズルが届きました。これは中学生や高校生でないと組み立てるのは難しいかもしれません。もし小学5年生の長男が作れずに挫折したら僕が挑戦してみます。その場合は仕分けされている袋から飛び出してバラバラになっているので難易度がほんの少しあがります。ただ自分で仕分けるのが面倒なだけですが。

もしこのスポーツカーの模型が完成したらモーターを組み込んでラジコンにする予定ですがどうなることでしょう。昔はミニ四駆を改造したりして遊んでいましたが、今の子ども達はスマホやタブレットがあるので、ほとんど興味がないようでさみしく思います。僕が子どものころはなんて話し出すとたちまち年寄扱いされそうで躊躇してしまいますが、ここにこそこそ書いてみました。

たぶん長男にスポーツカーを完成させるのは難しいでしょう。早く作りたいな。

パパス
そのスポーツカーはまだ長男ががんばっている最中で、
僕の物にはなっていません。
最新情報をチェックしよう!

ミニマリストの習慣の最新記事8件