タオルの行く末。

2020年3月12日木曜日

今日は5時に起きました。気温は8℃。晴れ。どんどん暖かくなっていますね。ただ来週はまた少し寒くなるようですので、灯油をもう14リットル買いました。

職場や学校ではあまり気にしていませんが、平日に自宅にずっといると光熱費がかさむのを実感します。来週も何日か平日に家にいる事になっているので必要な経費。

あとハンドタオルも注文しました。いつも同じ今治のフェイスタオル。色は茶色と薄茶色の間の色。5枚でワンセットだったので、10枚買いました。

昨日買い物について書きましたが、タオルも消耗品と一生物の間の物になります。しかし、そんなに高い物でもないですし、いつも同じ物を買っているので、大体5年くらい使います。また5年後買うかもしれませんが、使う頻度が上がって消耗が激しくなってきたら買い換えます。特に何も考えずにネットで注文します。今まで使っていたタオルは、犬用になったり、掃除用の雑巾になったりします。

一生使えない物の中に電化製品があります。洗濯機や冷蔵庫などは10年くらいで買い換えるのを推奨されているらしいのですが、壊れるまで使う予定です。きっと20年は持つでしょう。

今までたくさんの物を消耗するまで使ってみて、もっともダメになるのが早いのがバッテリーでしょう。掃除機でもスマホでもノートパソコンでも電動自転車でも車でもバッテリーは劣化するので、数年に1回は交換することになります。

ですので、バッテリーが絶対に必要だと思わないような物は電源コードに接続して使う物を選んでいます。バッテリーを使っている物は故障の頻度が高いですが、修理する覚悟を持って買います。

スマホはバッテリーを交換して4年使っています。まだまだ使えるので、もう1度交換してもいいかなと思っています。もう1度バッテリーを交換したら6年使うことになります。最近ではスマホが小さいとよその子ども達に言われるのですが、2年後のスマホ事情はどうなっているのでしょうか。安価で大きな画面の物が主流になっている可能性が高いですね。iPhoneSE Plusが発売される噂もありましたね。

僕にとってスマホがほしい場面は家族との連絡や電子書籍くらいなので、OSが更新される限り使い続けることになりそうです。カメラの性能も最新モデルよりかなり劣っていますし、防水機能もないですし、お財布機能もないですが、まだ使えるのでこのまま使います。

ただ、冷蔵庫や洗濯機は15年近くになってくると、いつ買い替えてもいい気持になっていますので、引っ越しや家族のライフスタイルの変化があれば買い換えるかもしれません。20年以上使うのだとか、壊れるまで使うとこだわるのではなく、柔軟な対応が自由に生きるということ。

自転車はある程度の年齢に達したら、サイズアウトすることはなくなるので、いい物を買います。5年くらい前に付属品など合わせて10万円くらいの費用をかけてクロスバイクを買いましたが、じゅうぶん元をとりました。

毎月1万円の交通費が自転車の維持費だけになったのです。使えば使うほどコストパフォーマンスが上がりますので、もっと使い続けます。次に購入したい自転車があるのですが、壊れるまでは今の自転車で走ります。たぶん15年以上は乗るでしょう。その時には子育てもほぼ完了しているはずですので、少々高価な物でも思いっきり買うことが出来ると期待しています。

基本的に一生使う物は劣化しない素材の物を購入し、電化製品は電源コードの物を第1選択とし、コードレスで使いたい物はバッテリーを交換しながら使い続けます。それでも電化製品は一生物ではないので、15年くらいで交換するつもりにしています。

消耗品であっても、とにかく安ければいいという物ではなく、自分がもっとも気持ちよく生活できるように考えて物を選んでいます。

パパス
誰であっても全ての最高の物は買えません。
物買う以外の幸福をどれだけ持てるかを意識しています。
最新情報をチェックしよう!

ミニマリストの習慣の最新記事8件