子どもの思考力のために

今日は5時に起きました。気温は27℃。晴。少し暑さに慣れてきたのか、今朝はそこまで暑さを感じないです。

キャンプで持って行ってよかった物の中にモバイルバッテリーがあります。今までは車の中で充電するだけでしたが、すぐに充電がなくなってしまうので今年初めてモバイルバッテリーを持っていきました。

3000円で買えるモバイルバッテリーが超コンパクトで最高だった。

2019年4月3日

山道を高速で数時間かけて行くのですが、山道ではトンネルもあれば高い山に囲まれた箇所もあります。またキャンプ場自体も圏外になったり、圏外にならなかったりして、スマホのバッテリーの消費が激しいです。

2日目の夕方に雷雨に見舞われたので、子どもたちはテントに避難してスマホで動画を楽しんでいました。以前ならスマホの充電がほとんどないから動画をみて時間を潰すことは難しかったかもしれません。

今回は車の中には iPhone用の受電ケーブルしか入っていませんでしたが、シガーソケットが2つあるので、モバイルバッテリーを充電できるケーブルも災害用に車の中に入れておこうと思います。

子どもたちの夏休みの宿題はそろそろ終わらさないといけません。

昨日は長男が自由研究に自分の椅子を作りたいと言ったので、設計図みたいな物を書いてもらいました。細かいサイズも書いてもらいました。もちろん矛盾している箇所もたくさんあります。

今日は僕がその設計図を赤ペン先生になったつもりで書き直してあげる予定です。明日には設計図を持ってホームセンターに行って木材を切り出してもらい、作り始める予定です。

果たして上手にできるでしょうか。というか長男が自分でしっかりと作れるでしょうか。楽しみです。

物を作るときに大切なことは想像力を働かせることです。どんな椅子にしようか。背もたれの高さはどうしようか。肘掛けは必要かどうか。高さはどうしようか。深く考えることが子どもの思考力を鍛えるいい機会になります。

少し厳しい赤ペン先生かもしれませんが、長男のためにも深く考える様に仕向けていきます。

物を作る行為には工具も道具も入りますし物も増えます。はっきり言えば物を増やす行為は以前の僕なら少し面白くない行為でした。しかし、物を作ることは楽しいですし、先ほども行った様に想像力を働かせて物を考えることも楽しい行為です。

物事を最小限にしていけば必ずと言っていいほど、なぜ僕たちは生まれたのかという問いにぶつかります。結局最小限にすることは生きている限り不可能だからです。

生きている以上は他の動物や地球の資源を消費していることになります。ここはあまり深く考えると哲学的になって僕にとって難しすぎる話になるので保留しておきます。

僕はなんのために最小限(もどき)にしているかというと、ざっくりと言えば自分の幸せのためです。自分が夢を叶えるために最小限主義者つまりミニマリストになりました。今は以前に比べると少し物が増えましたが、子どもの成長のためや自分の夢のために必要な物ばかりです。

誰かは無駄な物をたくさん持っていると言われるかもしれませんが、僕にとっては無駄な物は1つもなくどれも今必要な物ばかりです。

他人の「いいね」を忘れて、自分自身の「いいね」をたくさん集めることで幸福になれることに気がつきました。

今日は久しぶりに仕事に行ってきます。