本当に欲しいの?

2020年7月24日金曜日

今日は2時に起きました。暑くて寝苦しい日が続きます。扇風機が大活躍。そういえば去年の夏に扇風機が欲しいと思って「欲しい物リスト」に加えました。しかし、そのときに欲しいと思っていたのは、モバイルバッテリーにもなる充電式の物でした。それがまさか70年前の扇風機を修理して使うことになるなんて、山の天気のように変わる考えに呆れてしまいます。

そういえばチタン製のロードバイクも欲しいと思っていましたが、今は特に欲しいとは思っていません。これは絶対に必要な物ではなく、トライアスロンのレースに出るためには必要だったのです。しかし、もうトライアスロンの大会に出ることはないでしょう。自分で走ったり、泳いだり、自転車を漕ぐことはあると思います。しかし、わざわざエントリーしてお金を払って大会に出る必要は感じられなくなりました。

スポーツをすることで身体に害を及ぼすのではとの考えが浮かんできたからです。よく考えてみると、これまで病院にいくことになった原因はほとんどがスポーツが原因でした。スポーツが原因で、足の骨を折ったこともありますし、1年間体育の授業ができない怪我をしたこともあります。

あんまり激しいスポーツでは命を落とすことも考えられます。もう僕も歳ですし、これからは大人しく、適度な運動をするだけにしようと思います。

こうして考えてみると、1年で考えが大きく変わることがわかります。毎日ブログを書いていると多少の着色はあったとしても、その時の自分の考えを正直に書くので、思い返したときに恥ずかしい気持ちがあります。それだけ自分が成長したと考えることもできますが、それはよくわかりません。

今欲しい物を書いてみましょう。

  • iPhone12
  • Kindle oasis
  • 自分専用の車

これくらいかな。iPhoneとKindleは今販売している物ではなく、次期型です。両方とも5年くらい使うつもりです。欲しい物というか必要な物かもしれませんが、多くの必要だと思っている物は、欲しい物でしょう。今使っているのが両方ともほぼ4年使っているので、ちょど良い買い替えのタイミングになります。次の5年で世の中や自分の考え方がどう変わるのかわかりませんが、まだiPhoneを使ってブラウジングしているでしょうし、Kindleを使って読書しているでしょう。

Kindleは今はPaperwhiteを使っていますが、きっと次期Kindle oasisはUSB-TypeCで充電できるでしょうし、ケーブルが減らせるようになる利点があります。またCPUも進化しているでしょうし、今以上にサクサク動くようになってくれたらいうことなし。毎日使う物なので、妥協せずに良い物を買いましょう。妥協して安い物を買うよりも、数万円くらいの差なら1年我慢してお金を貯めて高い物を買います。そうすると幸福度が上がります。妥協ばかりしていてはそれまでの人間になってしまいそう。

自分専用の車も結構欲しい物に入ります。駐車場代や保険代がネックですが、Amazonの定期便を何個かやめて消費する物を減らしたら10,000円以上の節約になることがわかりました。意識していなくても結構毎月無駄なお金を払っていたのだなと思います。

お酒をやめて、1日1食にすれば車代くらい簡単に捻出できます。欲しい車種は決まっていて、もう中古車しか手に入りません。100万円くらいでしょうか。本当は1000万円近くする車が欲しいのですが、これはあまりにも高すぎるので、やめます。全く実用性もないので。もし僕が大金持ちになったら買うでしょうが、そんな可能性があるかな。ゼロではないとは思っています。しかし、これは老後にとっておきましょう。今以上に入手困難になっているのは間違いないでしょうが。

パパス
必要だと思っているほとんどの物は、
実は欲しい物だと認識しよう。
最新情報をチェックしよう!

ミニマリストの習慣の最新記事8件