読者の方々に感謝。

今日は2時に起きました。気温は22℃。晴。しかし、今日の昼間から夕方にかけて雨が降る予定。明日からしばらく雨の予報ですので、ついに近畿も梅雨入りするかもしれませんね。記録的な遅さ。

そろそろ6月も終盤にさしかかって来ましたね。6月が終われば今年も半年が終わることになります。この日記も半年間毎日欠かさず続けることが出来ました。僕は文章を書くことによって、物事を落ち着いて考えることができるタイプのようです。

毎日の日記を書いていると書くネタはいつか無くなります。しかし、とりあえずMacBookを開いて文章を書きはじめることで、考えがだんだんと明確になってきます。つまり頭の中の考えが明確にあって文章にしているのではなく、文章を書きながら考えているのです。

何を書こうかと前日に考えることはほとんどありません。もちろん書きたいこと(アイデア)が思いつくこともありますが、1ヶ月に1回もありません。ほとんどが行き当たりばったりでMacBookの画面を見ながらキーボードをパタパタと叩きながら思考を深めていきます。

確か『スプートニクの恋人』の小説家を目指している女性主人公が同じようなことを書いていました。

6月と12月は個人的になんでも好きな物を買ってもいい月になっています。去年の12月にはMacBook Airを購入し、今年の6月はポメラpomeraDM200を購入しました。両方とも文章を書くための道具ですね。MacBook Airは写真の編集やブログのデザインのコードを入力したりもしますが、メインは文章を書くことに使用しています。

文章を書きながら昔から作文や詩などを書くことが好きだったことを思い出しました。小学生の頃から文章を書く宿題が出されたら、読む人(クラスメイト)が楽しい気持ちになってもらえるように、続きが読みたいと思ってもらえるように、真剣に取り組んでいたことを思い出しました。

文章を書いていなければ思い出すこともなかったことだと思います。

今は自分が書いた文章を少なくない人数の方々に定期的に読んでもらうことが出来ている現状に感謝しています。

1日の時間は24時間と限られています。1日1日を積み重ねて人生になります。貴重な人生の限られた時間を僕の書いた文章を読むことに使ってくれている読書の方々に感謝を申し上げます。

もう少しで本が出版されます。ただ海外の出版社から英語で出版される予定です。日本語版になるのかはわかりません。今は本の内容を研磨して整えている段階です。今年中に出版できるか、それか来年の春になるかもしれません。

もう少し待っていてください。