消費税増税前に買うべきか?

今日は5時に起きました。気温は24℃。雨。週間天気予報を見ると梅雨明けはもう少し先かなという感じです。

スツールの作製を少しづつ進めています。とりあえず3脚作る予定で同時進行で作っています。あまり急いで作ると仕上がりが雑になって美しい出来栄えにならないので慌てずに丁寧に作ります。

座面を3枚切り終わりました。今は脚を切っている段階です。横から見た時に感じの「八」という字に見えるように作るので、上下に少し角度をつけて切ります。4本の脚を使うので、角度が少しでもズレてしまうとガタガタしたスツールになってしまい美しさも損なわれるので慎重に作業を進めていきます。

出来るだけ丁寧に仕事をすることは子ども達にとってもいい影響を及ぼすかもしれません。そんなことは気にもしていないかもしれませんが、角度を微調整しながらノコギリでギコギコ切っている姿をじっと見ています。男の子は工作が好きですね。

夏休みの自由研究で何か木工で作ってもいいかもしれません。

物が増えるのはあまり好きではありませんが、自分で作った木工は簡単にバラバラにしてキャンプの時に薪として活用できるので、そこまで厳密に排除しようとはしていません。

物を所有する時には何年くらい使うのか?どのくらいの頻度で使うのか?を考えることを常に考えます。

昨日はエアコンの寿命を考えていましたが、12年くらいと考えるならそろそろ引越しも考えなくてはならないことに気がつきました。

ですが平均寿命が14年くらいだとも言われていますので、今からあと6年くらい使い続けられたら嬉しいですね。消費税が増税前に購入するべきだ、なんてことも言われますが、僕はあまり増税前に買わないと損だとは思っていません。

急いで買うといいことがないので、しっかりと準備して購入を検討して買おうと思います。引越しをして子どもの部屋ができたからといってすぐにエアコンを買うのではなく生活をしてみて必要なサイズを見極めてから買うことの方が重要です。

もし急いで買ってもあまり使わない部屋にエアコンをおいても無駄になってしまいます。今はリビングにしかエアコンはありませんが、書斎で仕事をするのは早朝だけですので問題ありません。

本当に自分達に必要な物なのかを見極めることの方が、消費税が増税する前に買うよりも大切。

エアコンでも冷蔵庫でも車でもマンションでも同じことですね。出来るだけ高価ないい物を買いたいと思っていないからかもしれません。自分の生活の身の丈にあった物しか欲しいと思わないからです。というか欲しいと思うよりも必要だから買うという方が近い表現ですが。

また買う時期を遅らせることの方が買う物が安くなっていることがあります。エアコンや冷蔵庫などはどんどん新しい商品が生まれますので、型落ちの値段はだんだん下がっていきます。増税分くらいなら簡単に値下がりしてしまうことはネットで価格変動グラフをみたことがある人には周知の事実。

壊れてしまった場合に備えて、いつでも買えるように準備はしていますが、いつ買うことになるのやら・・・。