七夕だけど。

2020年7月7日火曜日

今日は七夕ですね。残念ながら雨で空は曇っていますが、雲の上では天の川も綺麗に見えているでしょう。そもそも都会では晴れていても満点の星空を観ることは出来ないので、想像するしかありません。

昨日は大雨の中、自転車に乗って出勤。カッパのおかげで濡れませんが、自分の汗でびっしょり。カッパがサウナスーツの代わりになるからです。帰りにもたくさん雨が降っていたために、サングラス型のスピーカーの修理は出せず。大人しく帰宅しました。今日修理に出そうと思います。

オーディオブックを聴けない数日を過ごしたので、目で本を読んでいます。耳で聴くのと、目で読むのでは若干印象が変わります。目だと少し斜め読みしてしまう部分がありますし、耳だとゆっくり立ち止まりたい部分でも勝手に進んでしまう時があります。どちらも慣れの問題で大きな問題にはなりませんが、オーディオブックを初めて聴く人には、戸惑う部分かもしれません。

アメリカなんかはドライブする時間が長いので、オーディブックのカセットテープを聴きながら長距離ドライブをするのは一般的のようです。しかし日本ではあまり一般的ではない様子。僕も日本でこの話をすると、運転に集中した方がいいんじゃないかと言われる時があります。オーディブックを聴いている方が集中できることを知らないのです。

例えば頭の中で歌を歌いながらのランニングしたり、しても電信柱にぶつかったりはしませんよね。運転している時も前ばかりに集中していてはいけません。もっと全体をぼうっと見る客観的な目線が必要になります。スポーツ選手ならゾーンに入るという感覚があるのですが、あれも自分以外がスローモーションに見えたりしますが、自分の対象だけではなく全体が見渡せていたりします。そのゾーンに似たような体験がオーディブックで本の世界に入りこんでいる状態といえます。

かと言ってオーディオブックに集中するあまりそちらの世界にどっぷりつかることは危険です。あまりオーディオブックでは例をあげるのは難しいですが、ラジオで熱狂的な阪神ファンが放送に集中しすぎると車の運転に支障を来す場合があります。オーディオブックの場合でもラジオや音楽を聴く場合でも、法律で禁止されているわけではないので、自分が注意しながら楽しむのがいいと思います。ご存知のように、運転席のナビ画面にテレビや動画を運転中に流して見るのは違法なのでやめましょう。

パパス

毎日同じことばかり書いている気がします。
これが日記かと再認識。

 

最新情報をチェックしよう!

ミニマリストの習慣の最新記事8件