スノーピークの『スクー』チタン製カトラリーをレビュー。

f:id:pepsi-nex-1:20190329162252j:plain

キャンプや登山だけでなく、普段からスノーピークのチタン製のカトラリーを愛用しています。

以前は琺瑯のカトラリーを使用していました。琺瑯のカトラリーは口当たりが滑らかでtとても気に入っていたのですが、年月とともに欠け口当たりや見た目が残念ながら変わってしまいました。

そこで新たにスノーピークのチタン製のカトラリーを購入しました。

スノーピークの『スクー』

f:id:pepsi-nex-1:20190328064518j:plain

スノーピークのスクーはチタン製です。チタンはメリットがたくさんありますが、特に大きなメリットを紹介します。

チタン製品のメリットを紹介

チタン製品のメリットは3つ

  • 軽い
  • 丈夫
  • 錆びない

軽量

スノーピークの『スクー』はめちゃくちゃ軽いです。たったの16g。

以前使用していたのは琺瑯のスプーン。琺瑯のスプーンは鉄製でしたので重く落として欠けてしまいました。重量が重いと落とした時の衝撃も大きいです。

チタンは鉄の3/5の重さ

丈夫

チタンは強度も鉄の2倍ですので、軽く強い製品を作ることが可能になります。

防錆製

チタンはとても錆びにくい製品です。船舶の材料やダイビング用品に使われるほどの防錆製があります。

チタンは丈夫で軽く金属アレルギーの心配がないとても魅力的な素材です。ただ加工が難しく、加工にたくさんのエネルギーを使い高価になってしまいまうことがデメリットとになります。

それでもチタン製品は丈夫で長持ちしますので、10年20年と使い続けることで結果的に地球環境に優しいと言えるのではないでしょうか。

ご飯を炊くのに便利なスケール付き

f:id:pepsi-nex-1:20190329064840j:plain

炊飯器に付いている内側のメモリがスノーピークの『スクー』の持ち手の裏に付いています。

キャンプなどでコッヘルでお米を炊くときに便利。R(米)とW(水)のメモリに高さを合わせるだけのシンプルなスケールです。

僕はキャンプでお米を炊くことは滅多にないのですが、便利な機能。一度挑戦してみたいと思います。

『スクー』でカレーを食べてみた

f:id:pepsi-nex-1:20190328202110j:plain

スノーピークの『スクー』を使ってカレーを食べてみました。

市販のルーを使った一般的なカレーを食べるのにスノーピークの『スクー』は全く問題なく食べられます。もちろんカレースプーンではないので完璧を求めるわけにはいきませんが、何と言っても軽量で汚れも落ちやすく簡単に後片付けが出来ます。

物を使うときには、使い勝手も重要ですが管理が簡単で素早くできるかどうかもかなり重要な要素。

その点ではスノーピークの『スクー』は洗いやすく、チタン製で錆びないので管理が簡単です。

『スクー』でコーンスープを飲んでみた

f:id:pepsi-nex-1:20190329065607j:plain

スノーピークの『スクー』でコーンスープを飲んでみました。はっきり言えばスプーンのように『スクー』を使ってスープを飲むことは諦めた方がいいでしょう。

スープや味噌汁などの汁物は器から直接口をつけて飲むことにして、『スクー』では中の具を食べるために使うことにします。

『スクー』でカップラーメンを食べてみた

f:id:pepsi-nex-1:20190329162252j:plain

スノーピークの『スクー』を使ってカップラーメンを食べてみました。

一般的なカップラーメンのサイズでも柄の長さがちょうどよく食べやすいです。たくさん食べたい人にはBICサイズのカップラーメンでもなんとかいけそうです。

f:id:pepsi-nex-1:20190329162622j:plain

スノーピークの『スクー』を使ってカップラーメンを食べることは可能。麺を落としてスープがはねることはなかったです。

f:id:pepsi-nex-1:20190329162506j:plain

まとめ

f:id:pepsi-nex-1:20190328064518j:plain

スノーピークの『スクー』をレビューしました。

スノーピークの『スクー』はスプーンとフォークを合わせて2つに割ったときにフォークが多めにくっついてきたような道具です。

スープスプーンのように汁物をすくうのは苦手ですが、カレーやラーメンを食べる道具としては必要じゅうぶん。丈夫な何十年も使えるチタン製。

キャンプだけで使うのは勿体無い。普段の生活でもたった16gと軽量なスノーピーク『スクー』は汚れが落ちやすく後片付けも簡単。子どもが落としても大きな嫌な音はしましせん。

スノーピークの『スクー』は全てを完璧にこなすことは出来ませんが、全てにおいてレベルが高い位置でバランスを取っています。

僕はカレー、ラーメンだけでなく、アイスなどスイーツを食べるときまで愛用しています。