新しい風防兼五徳を購入した。

今日は4時に起きました。気温は7℃。晴れ。今日も1杯分のコーヒーを片手に執筆活動。チタン製のアルコールストーブに新しく購入した風防兼五徳がすごくいい感じ。

スノーピークのチタンマグ450と300をスタッキングして、その中に風防兼五徳、アルコールストーブ、ステンレス布巾を入れたらものすごくコンパクトになります。

家や車などもそうですが、サイズを小さく制限することで、そのサイズに合うコンパクトな物を求めるようになります。小さくて軽く多機能な物は値段が高くなる傾向がありますが、大きな家や車を買うことを考えると安い物です。

特に車なんかは乗っている時間以上に止まっている時間の方が圧倒的に長いので、大きすぎる車は僕には必要ありません。小さな車でキャンプに行きますが、小さなトランクの中に荷物を積めてコンパクトなキャンプを楽しんでいます。

このウルトラライトハイキングでも使えそうなスノーピーク450を使った1人用のセットは、ファミリーキャンプでも役に立ちます。

燃料を無駄にせずに自分の必要な分のお湯を沸かすことができます。普通サイズのカップラーメンに必要なお湯の量は約300mlでBICサイズだと約400mlです。

災害時に便利なフリーズドライの食品に必要な量は約200mlです。だいたいこれくらいの量が1食分の量になります。お湯を沸かす時はだいたい5分くらいかかるので、食べながら計算をして次に必要な量のお湯の準備をしておきます。

家族でキャンプをする時にも時間とお湯の必要な量の計算が役に立ちます。僕には子どもが3人います。しかし子ども達はいっぺんには起きてこないので、朝ごはんの準備はバラバラになってしまいます。

急にお腹が空いたというので、ゆっくりと大量のお湯を沸かしている時間がない場合もあります。そんな時には1人分のお湯をさっと沸かすことが求められます。必要最小限の量のお湯を沸かす燃料や容器があれば慌てることなく1人ひとりのために準備できます。

慌ててしまうと失敗の原因になりますし、失敗してしまうとイライラしてしまうこともあります。せっかくのキャンプにきているのにイライラしてはもったいない。出来るだけ慌てないためには全てを自分でコントロールしている実感つまり自由を感じることを意識することが重要になります。

これはキャンプだけのことではなく自分の人生に置いても置き換えることは可能かと思います。

自分が今歩いている道は自分で選んで歩いてきたのです。誰かに背中を押されたのかも知れませんし、勝手にレールが敷いてあったのかも知れませんが、歩いているのは自分です。

背中を押されているにしても、勝手にレールの上を進んでいるにしても自分で選んで進んでいることを認識してください。いつでも違う道に進めるという自由を感じること。

歩いている道をいつでも変更できると認識していることが自由。もちろんお金がないと何にもできないと思ってしまうこともわかります。しかし物を処分して小さな家に引越しをすればお金の心配は激減します。物を減らし身軽になることで僕たちは何にでもなれます。

もしあなたが人生を変えたり、夢を叶えたいと思っているならミニマリスト生活が役に立つかも知れない。

コーヒーと道具。僕が選んだミルとドリッパー。

最新情報をチェックしよう!