誰の靴下わからない。

2020年4月30日木曜日

今日で4月が終わりですね。1年の1/3が終了。早い。子ども達はまだ春休みが継続中です。いつになったら普段通りに学校にいけるようになるでしょうか。

5時に起きました。もうすっかり明るくなっています。犬の散歩にでかけました。もう1週間くらい半袖Tシャツにウルトラライトダウンという格好をしています。

ファッションに興味があったときにはスプリングコートが欲しいと思っていましたが、使える時期は2週間程度でしょうか。それに比べたらウルトラライトダウンはいろいろな組み合わせ方を考えると初秋から春さきにかけて何カ月も使うことが出来ます。

それ以上に使うのはウインドブレーカーで今の時期はまだ来ていませんが、少し寒い時期にはウルトラライトダウンの中にインナーとして着たり、もう少し暖かくなってきたらアウターとしてTシャツの上に着ます。

もっとも使う服は下着で、僕の靴下は全て黒のスニーカーソックスです。山登りをするときでもサンダルやスニーカーを履いて行くので、同じ靴下を使います(サンダルの時は裸足)。

黒の無地というところが、僕の一番気にいっているところです。汚れも目立ちませんので白い靴下のように漂白剤や洗濯機で洗う前に手洗いする必要もありません。

洗濯物を干したり畳んだりするのは妻がしてくれているのですが、たまに手伝ったりします。そんな時に思うのが子どもの達の服の色を分けてほしいということ。

今長男と次男の服のサイズがとても近くて微妙な差しかありません。これが小学校低学年と中学生くらいなら一目瞭然でわかるのでしょうが、並んでみないと体格差がわからないような場合には誰が誰の服かわかりません。

双子を育てている人にとっては当たり前にしていることかもしれませんが、テーマカラーを決めると洗濯した後の区別がつきやすいのではないかと感じました。

そうなるともしおさがりがあった場合に余計わかりにくくなるおそれがありますね。靴下などの下着はおさがりになることはないので、そういった物だけでも、長男は黒やグレーなどのモノトーン系、次男はネイビーやブルー系に統一してもらいたいなぁと考えました。

そうすれば子ども達も「それは僕の靴下だ。勝手にはかないで」というケンカがなくなるのではないかと。

スポーツカーのパズルは今日届く予定だそうです。長男が楽しみにしていました。もう不足のパーツを使えば簡単に完成できるはずです。

完成したら余ったパーツなどを確認してラジコン化に必要なパーツを注文することにします。細かいパーツが足りないとそれだけ注文したら送料もかかりますし、それだけ待たないといけなくなるからです。

数千円するモーターやコントローラーと一緒に購入したら、早い便で送料が無料になるからです。もうしばらくは完成とはなりません。楽しみですね。なんとかGWまでに終わらせたいな(これを書いているのは4/23)。

パパス
靴下の色は変わっていません。
家族の物に対してはあまり口を出しません(たぶん)。
最新情報をチェックしよう!

ミニマリストの習慣の最新記事8件