買い物で失敗しないための工夫。

今日は4時に起きました。気温は8℃。晴れ。今日は2019年11月20日。もう秋も深まりイチョウもモミジもサクラも紅葉が綺麗。

寒くなりましたね。先日アラジン石油ストーブのブルーフレームをクローゼットから引っ張り出して、今シーズンにむけてメンテナンスしました。あとは灯油を買ってくればいつでも使える状態になります。

我が家は夏よりも冬の方が光熱費が倍以上かかります。ガスを使ってお風呂やシャワーなどで使うお湯を温めますが、冷たい水をお湯にするにはかなりのエネルギーが必要になります。さらに外気温が1桁まだ下がって寒いので、エアコンはいつもフル稼働しています。

夏の昼の間もフル稼働していますが、時間も期間も全然違います。

夏はエコを気にしする人も多いですが、冬の光熱費もばかにならないので、カーテンを閉めたりして、なるべく部屋の中を冷やさないようにしてエネルギーの節約をしましょう。

もう少し寒くなれば今使っている書斎に石油ストーブを持ってきて温めようと思います。石油ストーブを使ってたっぷりのお湯を沸かしたり煮込み料理を作ることで、少しでもエネルギーの有効活用をしていきたいと考えています。

昨日今年の12月に買う予定のなかったスピーカー付きのサングラスを買った話を書きました。

本当は耳の中に入れるタイプのイヤホンが欲しい物リストの中に入っていたのですが、急遽変更になりました。心から本当に欲しいと思ったからこそ、いい買い物ができたと感じています。以前はめちゃくちゃ欲しいと思っていたノイズキャンセリング機能のついたイヤホンですが、今は全く欲しいとは思っていません。

欲しい物をリストにして、欲しい理由を自分で文字にしてアウトプットすることで自分がなぜその物を欲しいのかが明確になります。またなぜ欲しいのかが明確になっているので、実は必要がなくなって欲しいと思わなくなった場合にも簡単に理由がわかります。

以前の独身時代の僕なら欲しい物はどんどん買ってどんどん不要な物が増えていきましたが、欲しい物を買える月を6月とい12月にすることで、落ち着いて考える時間が出来て、買い物の失敗をすることが減りました。

そして、今持っている物で代用できるものは、今持っている物がヘタってきたり、汚れたりして耐用年数が経過してから購入することができるようになりました。買い物までの期間が長ければ長いほど世の中には新製品が溢れ、欲しい物だった物が特に欲しいと感じなくなって、今までなかったような新しい物が生まれて(例えばサングラス型のスピーカー)欲しい物が全く変わってしまうなんてこともあります。

僕は今までずっとiPhoneを買った時についてくるイヤホンを愛用していました。iPhoneSEはイヤホンジャックがついているので、イヤホンの音の遅延やバッテリー切れの心配がありません。

もし有線のイヤホンが使えて、それを持っているのに、AirPodsなどのワイヤレスイヤホンを買っていたら、サングラス型のスピーカーを買うことはなかったでしょう。

もちろん今後はどんどん新しいサングラス型のスピーカーも新しいiPhoneも発売されていきます。しかし僕たちは誰もが新製品を全て手に入れることは出来ません。「絶対に欲しい」と思ったとしても、ちょっと待ってみる期間がいい結果を生むこともあるかも知れません。

次に欲しい物を買うのは6月。その頃には4年近くiPhoneSEを使っているしiPhoneSE2を購入することになるのかなぁ。

最新情報をチェックしよう!

日記の最新記事8件