次男の好みのリュックサック。

2020年3月15日日曜日

今日は5時に起きました。気温は12℃。小雨。

朝は晴れていたので、犬の散歩に行きました。太陽が昇るのがはやくなったので、いつもよりも早めに行きましたが、やはり早朝の散歩は気持ちがいい。これからしばらくずっと清々しい気持ちで散歩できることを嬉しく思います。

自転車通勤している途中で、ぽつぽつと雨が降ってきましたが、影響はほとんどありませんでした。ザーっと降る雨よりも、中途半端な雨が路面の金属製の側溝の蓋やマンホールを濡らすと、タイヤが滑るので危険なのですが、もとも晴れていても金属の蓋やマンホールの上は走らないようにしています。

最近はカフェなどで執筆活動をしなくなりました。ノマドワーカーのような仕事の仕方をやめ、自宅のみで仕事をするようになりました。自宅の書斎で執筆します。そのためにオフィスチェアを買い、外部ディスプレイ(モニタ)を買いました。

外にパソコンを持って歩かなくなったので、盗難はもちろん、落下の危険もかなり少なくなりました。そこで今まで使っていたリュックが必要なくなりました。

もともとMacbook がぎりぎり入るサイズのリュックを使っていたのですが、もうそこまで多くの物を運ぶことが減ってきたので、以前使っていた斜めがけの鞄を使うようにしました。

以前使っていた鞄は現在の季節に使わない物を収納するのに使っていました。今の季節でしたら、夏用の短パンや、Tシャツなどを収納してクローゼットにかけていました。

ですので、今まで使っていたリュックに冬物のジャケットなどを収納しようと考えていたのですが、次男が、僕の鞄が変わった事に気が付いて「使わないなら、パパが使っていたリュックが欲しい」といいました。たしかにサイズがぴったりで子どもにもじゅうぶん背負えます。

せっかく欲しいといったので、子どもにプレゼントします。僕の今の生活スタイルでは、今まで使っていたリュックは少し中途半端なサイズになってしまいました。ノマド生活をするのならちょうどよいサイズだったのですが、自宅で執筆することにしましたので必要がなくなってしました。
また下の娘のオムツやおしりふき、着替えなども入れる事が多かったのですが、成長とともにそれらの荷物も減っていきました。生活スタイルの変化で必要な物のサイズや、必要な物であったり、必要でなくなったりする物が出てきます。

そのときに臨機応変に対応することが大切になります。自由を手に入れるためにはじめた最小限主義にこだわりすぎることが逆に自由を損なうことになることも自分の頭の片隅にでも入れておく必要があるでしょう。

パパス
衣替えで使わない衣服は、
別の場所に収納スペースを設けることにしました。
最新情報をチェックしよう!

ミニマリストの習慣の最新記事8件