親子ランニング。

2020年5月18日月曜日

今日は1時に起きました。ベットでゴロゴロしていたのですが、どうも眠れそうになかったので、結局起床。こそこそ洗面所で水を汲んで、アルコールストーブでお湯を沸かしてコーヒーを淹れました。

コーヒーを飲みながら執筆と読書をしました。

今日は仕事が休みだったので、午前中に子ども達の宿題をみたり、一緒にランニングに行ったりしました。いつも時間を測らずに走っていたのですが、今日は兄弟2人と3人で初めて走るので、スマホのアプリで距離と時間を計測しました。だいたい15分間走って2.6kmのコースでした。このくらいの距離なら膝が痛くなりません。

筋肉痛にはなるので、自転車通勤とは違う筋肉を酷使しているのがわかります。ランニングする時には裸足にサンダルで走ります。これは通勤に使っているサンダルとは別のサンダルでランニング用のサンダルです。ランニングする時に靴下を履かずに走れるので、靴下の消耗を抑えることができます。以前は自分でランニングサンダルを作っていたのですが、壊れてしまったので1万円程度で購入しました。流石にサンダルランニングの本場のアメリカ製だけあって丈夫で2年以上履いていますが、全然壊れる気配はありません。

裸足で薄いサンダルを使ってランニングすると、地面の硬さがダイレクトに足の裏、膝、腰などに負担がかかってくるので、自然と自分の筋肉を使ってクッションをするようになります。ドンドンと地面を蹴って走るのではなく、タッタッタッと軽やかなイメージ。最初は痛みが出るかもしれませんが、慣れてくれば自然とサンダルで走れる身体に進化(退化?)します。

僕は初心者用のクッション性の高いランニングシューズを使ってフルマラソンを走って膝を痛めて5km以上の距離が走れなくなったのですが、裸足でサンダルで走るようになって子ども達と一緒に走れるくらいになりました。膝周りの筋肉がついたこととフォームを改善したことが大きかったと思います。

コロナウイルスの影響で自宅での自粛生活が続いていますので、子ども達とコミュニケーションをとる時間が増えました。以前なら一緒に走ることはなかったと思います。

午前中の間にプランターを1つ自作して枝豆を植えました。プランターは以前使っていた工具箱の箱を利用して作りました。底になる部分にドリルで細かく穴を開けただけの簡単工作です。プランターに土を入れて水をたっぷり入れてからタネをまきました。

これで我が家のベランダにはプチトマトときゅうりと枝豆のプランターができました。土がまだ届いていないのでまだ余っているタネがあるので、届いたら植えましょう。

パパス

時間差で順番に収穫できることに慣れば嬉しいです。

 

最新情報をチェックしよう!

ミニマリストの習慣の最新記事8件