スーツは1着。シャツは1着。ネクタイは1本。礼服は持っていない。

今日は5時に起きました。気温は19℃。晴。半袖では少し寒く感じるくらいになりました。薄手のウインドブレーカーを羽織って快適。

執筆中の『ミニマリスト家族の本(仮名)』は前半からゴリゴリと書き直して整えています。全部で6万文字を少し超えるくらいになりそうな感じ。このペースでかけば7万文字も越しそうですが、まだわかりません。増えたり減ったりして全体のバランスを整えている段階。

初めて本を1冊書き下ろすので、こういう作業が慣れるまでは難しいですね。師匠や先生がいるわけでもないですし、編集者も海外の編集者は日本の編集者のようにアドバイスもくれません。基本的には書きたいことを書けばいいよと言ってくれるだけです。自由であることが難しく感じる理由。

昨日は日曜日。久しぶりにたくさん自転車に乗りました。後ろに娘を乗せて合計140分ほど。今起きて少し脚がだるいですが、今日も往復1時間かけて通勤します。なんだかんだ言っても毎日自転車に乗って通勤しているので自転車に乗る筋肉は丈夫になってきているのでしょう。

確かに疲れが出て、今日は起きるのが遅かったですが、もうアラフォーですので、それは仕方がありませんね。

僕は靴下は2〜3足をローテーションして履いているのですが、生地が薄くなったり、穴が開いたら新品をストックからおろします。ストックは3足セットを買うので、今は2足がクローゼットにストックとして置いてあります。

新品を最近おろしたのですが、何度か洗濯をしているうちにどの靴下が新しくて、どの靴下が長い期間履いているのかがわからないことに驚きました。もちろんよく見ればわかるのですが、パッと見ても気がつきません。

靴下は1度履いて洗濯すると驚くほど、みすぼらしいというか中古感が出てしまいます。

靴下だけではなく綿のTシャツなんかも洗濯機で洗ってしまうとかなり中古感が出てしまいます。ショーウィンドウでマネキンが着ている間はピシッとしてかっこよく可愛く見えて買ったりしますが、洗濯すると一気にクローゼットの中でその他大勢になってしまいます。

もちろん丁寧に低温でアイロンをかけたり、ドライクリーニングに出したりしたら風合いは損なわれないのでしょうが、そこまでして着飾る必要は僕にはありません。

どうしてもかっちりした服装が必要な時はスーツを着ます。間の服は持っていません。シャツは白の無地でネクタイも赤い物を1本しか持っていません。ネクタイの色は今思えばもう少し地味な色にしておけばと後悔しています。しかし年に1〜2回くらいしか出番がないので、買い換えようと思ってもう6年くらい経ちました。

次のネクタイは濃紺の無地にしようと思っています。

僕はありがたいことにスーツを着る機会もほとんどないですし、編集者とも打ち合わせもFacebookで書斎で行うので普段の部屋着兼外出着です。

ドレスコードの必要な場所には近づかないようにしていますので、これからもスーツが必要になる場面はどんどん減って行くでしょう。冠婚葬祭ぐらいでしょうか。

ちなみに礼服は今は持っていません。サイズが変わってしまって処分してから買っていません。次に急に必要になれば買いに行きます。レンタルにするか迷いましたがクローゼットの中にスペースもあるので買ってしまってもいいかなぁと思っています。

あと15年以上は子どもと生活する予定ですのでスーツを1着くらいは置いておけます。もちろん高価な物は買うつもりはありません。出来るだけ安価で済まそうと思っています。

さぁ陽も高くなってきましたね。ポッキーと散歩に行ってきます。