GWでも働いているたくさんの人に感謝。

今日は4時に起きました。気温は15℃。晴。

GWも中盤。映画に行ったり、公園に行ったり、図書館に行ったりして過ごしています。子どもたちにとって出来るだけたくさんの振り幅を持ったGWにしてあげたい。

昨日は電車にも乗りました。長男が一番下の妹を膝に抱えて座ってました。1、2年前には3人の子どもを連れてお出かけするのは大変でしたが、時の流れを感じます。

どんどん子どもたちは自分の足で歩いていくようになりました。もちろんずっと3歳の娘は「抱っこ、抱っこ」でしたが。

そういえば、最近イライラしなくなってきました。昨日はお好み焼きを食べたのですが、なにせGWの神戸三宮です。人がたくさん。

順番待ちのために名前を書いて待っていたのですが、なかなか呼ばれません。仕方がないので待ちましたが、店の中を覗くと席が空いているのになかなか呼ばれません。

待っている間におじさん2人がやってきて、予約だからと店員さんを呼び、先に入ってしまいました。予約も何もないお店のような気がしましたが、気のせいでしょう。次に呼ばれるはずの僕たちはずっと持ってました。もちろん3歳の娘はグズグズ早く食べたいと泣いています。

しかし、GW中に働いている店員さんは大忙しで大変。お好みを焼く鉄板を片付ける暇もなく働いています。予約のおじさん2人を通す時には僕が泣いている娘を抱っこしてあやしているのをとても申し訳なさそうな、怯えにも似た表情で僕をみていました。

忙しいんだろうな。大変だなと思って見ていただけで僕は怒っていなかったのですが、申し訳ないことをしてしまった。

ようやく入店する時になって娘は寝てしまいました。

自分でお好み焼きを焼くシステムの店でしたが、僕が寝ている娘を抱っこしていると店員さんは「お好み焼きはこちらで焼かしていただきます」と言いました。僕は感謝して「お願いします」と言いました。

しかし、入店してわかったことですが、明らかにスタッフの人数が足りていないのです(だから鉄板が片付かない)。なんとか都合をつけて忙しいGWに出勤してくれは人たちできりもりしていたようです。

どうにか娘を抱えながらでも自分でお好み焼きは焼けそうです。大忙しの店員さんに頼むのも申し訳ないので、自分で焼きました。

相手の気持ちを考えれるようになりました。もちろん娘が泣いてグズグズ言うのは仕方がありません。普段は待たなくてもいいお店ばかりを選んで外食しています。久しぶりに自分の思うタイミングで食べられなかった娘は空腹と眠たさで泣いてしまいました。

結局、食べ終わる頃まで起きずに娘のためにおにぎりを包んでもらって帰りました。

店員さんは帰る時ですら、まだパタパタと走り回っていました。忙しい中でも気を使っていただいてとても感謝。