本を執筆するという事は大変だった。今日から11月ですね。

今日は5時に起きました。気温は13℃。晴。東の空の色が鮮やかなオレンジ色に輝いてきました。今日から11月。

毎月はじめの習慣として先月分の収支を『Pages』に入力しておきます。確定申告の時に慌てないようにするにはコツコツとやる事が大切。

昨日の自転車通勤時には半袖Tシャツにウルトラライトダウンを羽織っていきました。最近ではウルトラライトダウンのチャックをしっかり上まであげて自転車に乗っています。

執筆中の『ミニマリスト家族の本(仮名)』の本の再々校が終わったので、紙に印刷しました。ここからは青色のボールペンで修正していきます。

ポメラ pomeraDM200で執筆しながら、MacbookAirの画面で確認したり、紙に印刷して読んで修正を重ねていくうちに、だんだんと文章が滑らかになっていく気がします。

こればっかりはやり出すとキリがないので、どこかで終了させなければなりません。

とくに『ミニマリスト家族の本(仮名)』のような僕の考えを書いているような場合は、書き始めの気持ちと、今、現在の気持ちに誤差が生まれていることもあるので、修正を重ねてもどこかで踏ん切りをつけてやめないと、いつまでも完成しなくなってしまいます。

書き始めたのは今年の初めのことだったので、もう1年ちかくもあーでもないこーどもないと言いながら書きました。もう少し早くに書き終わる予定だったのですが、仕方ありませんね。なんといっても1冊の本を書くことになるなんて思ってもいなかったので。初めての経験。

僕にとってこの本はミニマリスト生活を振り返るメモワールのような物になりました。はっきり言って気恥ずかしい気持ちが大きくて、特に売れなくてもいいという気持ちの方がおおきです。

この本の完成を待ってくれていたブログの読者の方の励ましの声や編集者や出版社の方たちがいなければここまで書き進める事もむずかしかったでしょう。

世の中にはミニマリスト関係の本もたくさん出版されていますし、今となっては本当に需要があるのかないのかよくわかりませんが、とにかくほとんど完成したので出版はされるでしょう。

本書にはミニマリストの友人たちの家の写真を何枚か掲載させていただきました。その方々の協力も執筆に大きな力となって僕の背中を押し続けてくれました。感謝しております。

もちろん世間一般からかけ離れているような思想の僕についてきてくれた家族にも感謝をささげたいと思います。僕としてはこれからも物以上に経験にお金を使い家族みんなが幸福になるように努力し続けます。

本が発売される来年にはプロモーションもかねて家族みんなでヨーロッパに行く予定。今から楽しみです