オンラインゲームはみんながしているの?

2020年5月7日木曜日

今日は4時に起きました。晴れ。散歩のついでに近所のパン屋さんに寄って朝食のパンを買いました。オープンしてすぐに買ったのでほとんどの商品がまだ焼きたてでした。コーヒーにミルクと砂糖を久しぶりに入れました。

焼きたてのパンがあったにもかかわらず、長男はパンをあまり食べずに、ご飯と納豆でした。

午前中は作ったパズルを電動にするためにモータを模型に組み込む作業をしていました。これがめちゃくちゃ面倒でいっぺんにはできません。かなり難しいレベルです。せっかく組み立てた模型をかなりの部分解体しないとできないようになっています。

メーカーの純正の使用ではなく、一般の方が考えて改造している方法を真似しているので、仕方がありません。これをメーカー純正とうたってしまったら必ず「難しすぎる」とのクレームが殺到するでしょう。

殺到ほど売れないとは思います。これだけの値段を出せばかなり高スペックのラジコンカーが変えます。もちろんラジコン飛行機も買えます。それでも作るのが楽しいから買うわけです。買ったあとは少し遊べばもう用済みになるでしょう。物質にはあまり興味がなく、その作る過程に興味があります。

長男がネットゲームをやりたいと言い出しました。子どものアカウントでは出来ないので、僕のアカウントを使ってやりたいというのです。しかし僕は「ダメだ」と言いました。中学生になってからだと判断したからです。

それでも友だちの中にはやっている子もいるようで、長男曰く「みんなやっている」そうです。よく子どもはみんなやっていると言いますが、ちゃんとアンケートを取れば「みんなやっていない」となるでしょう。それだけ子どもの視野はとても狭くなっていると言えます。こう考えてみると視野を広げるためにやらせてあげてもいいかもしれません。

もしかしたら痛い目をみることになるかもしれませんが、子どもがやりたがるゲームなのでトラブルもまだそこまで深刻なことにはならないでしょう。もしやらせるなら、どんな危害があっても驚かないような心構えが必要でしょう。

午前中に木工をしました。初代の踏み台を作り替えました。コースレッドが緩んできたので新しく作り替えました。使える部品はとっておきます。脚を2本デスクの上に起きました。デスクの上でアルコールストーブでお湯を沸かすのでそのための下敷きにします。デスクの天板に直接置いても焦げたりせずに大丈夫なのはわかっていますが、なんとなく分けておきたいから。

さらに子どもたちの自作した玩具箱も接着していた板が剥がれていたので修理しました。床板で補強が必要だったので、そこに付いていた小さなタイヤを補強材の代わりに移動して付けました。普段使う分には影響がありませんが、強度は格段に上がりました。こういった工作に僕もだんだんと慣れてきたのでしょう。

新しいiPhoneやMacBookの新製品のニュースをよく見ますが、欲しいと思う商品はまだでていません。Wi-Fi6に対応したり5Gに対応したら欲しくなるのかもしれませんがどうでしょう。今のスピードでも満足できています。特にiPhoneSEに速度は求めていません。ゲームもしません。1番使っている昨日はKindleアプリで本を読むことです。本が何冊か入っていれば特に不満はありません。

パパス
iPhoneの高速データ通信は1Gのプランでじゅうぶん。
子どものゲームについてはまだ考え中で迷っています。
最新情報をチェックしよう!

ミニマリストの習慣の最新記事8件