衣替えの季節。

今日は5時に起きました。気温は12℃。曇。もうウルトラライトダウンは必要なし。今日洗濯して来年使うまでハンガーにかけて収納。

僕の場合は衣替えはなくて、いつでもクローゼットの中に全ての服が収納されています。

絶対数が少ないので、特に考える必要もないのですが、冬服は役目を終えて洗濯したらハンガーにかけて隅に移動。夏になれば、1番奥にあった短パンがTシャツと共に手前に移動してきます。

奥から順番に舞台袖で出番が回ってくるのを待っている園児のように並んでいます。

今の僕のクローゼットなら、奥は冠婚葬祭用2本に普段用の1本を加えたのネクタイ3本、ウルトラライトダウン、スーツの上下セット、スーツ用白シャツ、ウインドブレーカー上下、ランニングパンツ、ハイキングパンツ、Tシャツといったた感じ。ハイキングパンツよりランニングパンツが薄手で動きやすくて僕は好きです。

靴下とパンツ(これは下着)は2枚を交互に使用しています。妻は毎日洗濯してくれているのでーーというか毎日洗濯しないと5人家族だと大変な量の洗濯になるーー洗濯をしたてのホカホカの靴下とパンツを履いています。

2枚の肌着でヘビーローテーションしているので、必ず洗濯をしているのか、使用しているのかのどちらかなので虫がつく心配もありません。僕の場合は冬のジャケットも家の洗濯機で洗濯してから使うので防虫の必要もありません。

服も気持ち良さそうにハンガーにかかっています。風通しのいいクローゼットを維持している特権セレクトショップのようにゆとりあるクローゼットが好きです。セレクトするほどの服はありませんが。

子ども服は最近は全くこだわりがなくなってきました。以前は絶対に決まったメーカーやショップでした購入しませんでしたが、毎日のように汚して破ってくるので、そうも言って要られません。別に私服の制服化は絶対にしなくてはいけないことではないので、今ある服を出来るだけ使い切れるーーつまり破れるまでーー数に制限しています。

小学生の男の子の服の消費量は凄まじいものがあります。強いてオススメをあげるならサッカーの服でしょうか。丈夫で軽く洗濯してすぐに乾くので。

しかしサッカー用として売られているジャージやスウェットはオススメしませんし僕は選びません。なぜなら洗濯した時にたくさんの水を吸い込んで乾きも悪いですし洗濯機に負担をかけるからです。

でも寒いから暖かいスウェットは冬は欠かせないとあなたな言うなら、オススメはコンプレッションインナーを重ね着することでしょうか。肌に密着して第2の皮膚や筋肉の補助として働いてくれるコンプレッションインナーは防寒にも優れます。しかも洗濯して乾きが早い。

海外旅行時にもエコノミークラス症候群の予防に役立ちます。ですが、あなたがどうしてもスウェットが大好きで使い続けたいと思うなら、誰に何を言われようが使い続けることが大切。僕はあなたの決断を支持します。

なんとなく決めたことではなく自分が自信を持って持ち物を決めること。あるいは決めないこと。なんでもいいのです。マイスタイル。