あなたはどれくらいスマホにお金を使っていますか?

今日は5時に起きました。気温は26℃。曇。

昨日のAppleのイベントは結局途中で観るのを辞めてしまいました。以前のようにときめきを感じなくなってしまいました。

今までは想像もできないようなガシェットの新機能やサービスが発表されていたのですが、昨日の発表は残念ながら僕にとって、目新しい物はありませんでした。

以前僕がときめいていたAppleのイベントと言えば、茶封筒からスティーブ・ジョブスがMacbook Airを取り出したり、iPodをジーンズの小さなポケットから取り出したりと、世界に衝撃を与えてくれていましたが、最近では事前情報が飛び交い、事前情報とそん色ない製品発表でそこまでの驚きは少なくなってしまいました。

new iPhone

もちろんCEOをスティーブから引き継いだティム・クックが悪いわけではありません。世界を変える製品は数年に1回出ればいいほうですし、人は慣れてしまう生き物です。

同じびっくり箱で何度も驚く人はいないでしょう。

しかし、新しく発表されたiPhone11Proは1番安価な物でも10万円以上するようですね。同時に発売されるiPhone11は7万4800円(税別)だそうです。

毎年買い替えるなら、それだけで、とてつもない出費になります。冷蔵庫や洗濯機でも同じような金額を出せば10年は使い続けられるので、いかにiPhoneが高級な物かがわかります。

多くの人は3大キャリア(DoCoMo、au、ソフトバンク)でローンを組んで、2年契約で購入していることでしょう。僕も以前はそうでした。しかし、年間を通してみてみると支払っている金額は、iPhoneの端末代金を一括で支払って、格安SIMで契約している方が使っている金額が安くなることもあります。

例えば僕は以前、ソフトバンクで2年契約をしてローンでiPhoneを購入していました。端末代金と通信料で合計1万円弱を支払っていました。

2年間で24万円も支払っていたのです。高すぎる通信費に気が付いた僕は、iPhoneSEという5万円弱で一括購入が出来る比較的安い端末が発売されたと同時に、格安SIMに変更しました。

当時は高速データ通信をひと月3Gのスタンダードなプランにしました。
すると月々の通信料は1500円(税抜)になりました。ということは、年間にすると1万8000円(税抜)になります。端末代金を計算してもこの3年の間にどれだけのお金が節約できたかおわかりいただけると思います。半額以下になっています。

浮いたお金で海外旅行にだっていけてしまいます。それだけの金額をスマートフォンに使っていることに目を背けてはいけない。

もちろん各個人のスマートフォンの使い方でプランは異なるでしょうが、僕のように通話はほとんどせずに、通信費を毎月3Gで契約していれば、かなり安くなります。※ちなみに現在は高速通信を1Gにしてさらに安くなっています。

特に僕は5万円弱で購入したiPhoneSEを3年使っています。

2018年の年末にバッテリーを交換したのでまだまだ使い続ける予定です。

iPhoneSEをバッテリー交換プログラムに。配送修理が安くて便利だった。

2018年11月27日

来年にiPhoneSEの後継機種が発売される噂もありますが、今の所iPhoneSEでじゅうぶん。どんどんHDDが安くなっているので、容量が多い機種にしておけばよかったかなぁとも思いますが、iPhoneやSNS依存にならない予防にはちょうどよかったかもしれません。

次に買う端末は来年発売されると言われているiPhoneSE2でしょうが、新品ではなく中古をまず探すでしょう。僕がお金持ちではなく貧乏だからということもありますが、毎年毎年、iPhoneを作るために地球に穴を掘っていることを忘れてはいけないと思っています。

まずは今使っている物を限界まで使い続ける。もし新しい物を購入するなら程度の良い中古を探す。

それが僕のミニマリストとしてのスタイル。