週末のランチ。子どもの成長。

今日は5時に起きました。気温は19℃。晴曇。

昨日は朝は次男と一緒に算数の勉強をして、お昼からは長女と3人でランチを食べに行きました。

食べたのはインド料理。壁にはガネーシャの大きな絵が飾られている。僕はお子様ランチをふたつと日替わりのランチをひとつ注文する。お子様ランチにはキャベツのサラダに大きなナンとチキンカレーとオレンジジュースがついてくる。それで600円。

日替わりランチはキャベツのサラダにカレーがついてくる。それで780円。昨日の日替わりランチはナスと芋のカレーだった。日替わりランチにはドリンクはついてこない。もし必要なら100円追加すればソフトドリンクをつけることが出来る。ナンはおかわりが自由で無料。しかし僕はナンのおかわりはしない。

1人で来た時にはいつも日替わりランチにナンを途中で1枚余分に焼いてもらうのだが、今日は子どもの分が余るのでそれを食べるので精一杯。

カレーは子どもでも食べられる大甘から激辛まで細かく指定出来る。子どもたちはもちろん大甘だ。

僕はだいたい大甘(0)、甘口(1)、普通(2)、辛口(3)、〜と続く普通の(2)番を注文する。僕は辛いのが好きだが得意ではない。お酒も大好きなのだが強くはないのと同じように。ちなみにCoCo壱では1辛を注文する。

最初にキャベツのサラダが運ばれてくる。オレンジ色のドレッシングがついている。とても甘いドレッシング。子どもたちも喜んで食べる。

お子様ランチのナンとカレーが運ばれてくる。少しだけ小さな器でカレーが盛られている。ただナンは大きい一枚が乗っている。以前来た時は1枚そのままでお皿に乗ってきたのだが、昨日はお子様ランチのお皿には食べやすいように小さく切ったナンが盛られていた。

大人用の日替わりランチのお皿が運ばれてくる。ナンはもちろん大きく1枚どんと盛ってある。焼きたてであつあつ。

僕と次男はナンが大好きでキャンプの時にもナンは持っていく。キャンプでカレーを作って、飯盒炊飯までしようとするとどうしても時間がかかる。跡かたずけも大変。しかしレトルトカレーにナンを温めるだけならあっという間に出来る。しかも美味しい。

キャンプでは料理を楽しむのもいいが、出来るだけ簡単に料理して、たくさん遊んだりゆっくり景色を眺めながらぼうっとするのも楽しい。

3歳の長女はだんだんと大人しく外食が出来るようになってきました。お箸の入った入れ物で遊ぶこともしなくなりましたし、コップの水もこぼさないようになりました。ちゃんと大人しくランチを食べて、インド人(きっとインド人だと思っているのだが)の店員さんにも「バイバイ」が出来るようになった。

もちろん次男に比べたらイヤイヤ期の規模は小さいですが、長女には長女なりに大変なイヤイヤ期がありました。それぞれがそれぞれに大変でした。しかし、次男も小学生になり、自分で学校にいき、1人で帰ってきます。繰り下がりのある引き算も出来るようになりました。概ね自体は好転しているようで、みんな成長しています。

今日は長男と一緒にサッカーの試合に行ってきます。子どもたちと過ごす週末。