同じ物を長く使うこと。

2020年5月24日日曜日

今日も3時に起きて作業。まずは昨日の本の続きを読む。最近は毎日1冊分の文章を読んでいる。多分10万文字くらい。しかし、本ではなく画面上で読んだり耳で聴いたりしているので、1冊いう単位の意味がよくわからなくなってきた。ただ人生でもっとも文字を読んでいるのは今。子どもの頃には本を読むより、外で遊んだりゲームすることに夢中だったので人生よくわからないものである(あえての、である調)

土が届いたので、枝豆の種子を植えたり、苗を植えてりしていることは先日書きましたが、観葉植物も植え替えをしたら元気になりました。書斎のデスクの脇の出窓のところで新しい葉っぱが元気よく生えてきています。

まだ1週間も立っていないので、これからどんどん大きくなっていったらどうしようと心配しています。

職場で新しい車を購入する話をしていて、同僚は新車を購入しようとしていることにびっくりしました。新車以外ありえないというのです。もちろん新車を購入することは自由ですが、軽自動車にしたら維持費が安くなるからと検討しているといっていました。

今の軽自動車って新車で200万円くらいする物があるのですね。今僕が乗っているニュービートルは売ったら10万円から15万くらいになるだろうと父が言っていました。多分車検の残りの期間が影響していると思われるので、車検が切れたらタダ同然になるでしょう。それでもあと5年は元気よく走ると思われます。

ニュービートルの維持費は軽自動車に比べて、保険料が年間で30000円ほど。ガソリン代がひと月5000円として、年間60000円ほど余分にかかるとしましょう。駐車場代は変わらないとします。保険料は新車の場合は車両保険もつけるかもしれませんし、もうニュービートルには必要ないのでつけていませんのが、変わらないとしましょう。ニュービートルの車検代は15万円くらい、軽自動車の場合は5万円くらいと考えてみましょう。ニュービートルは2年に1回ですが。新車の場合は初回は3年間免除されます。10年で4回の車検が必要です。それが20万円。ニュービートルの場合は車検が5回必要なので、75万円。

例えば、この条件で軽自動車の新車を購入すると仮定すると、車検をなしで年間90000円ほどニュービートルの方が維持費がかかるとします。すると10年乗り続けると、90万円の維持費と車検代75万円で165万円必要になります。まだ新車価格に届きません。

これは今後予想される大きな修理がないと仮定した場合で、ニュービートルに甘めの計算かもしれませんが、200万円というお金の大きさを知るにはじゅうぶん有益な計算方法ではないかと思います。

確かに維持費は安いと考えるかもしれません。これはプリウスが出た時にも言われたことですが、20万キロとか10年とか乗ってやっと燃費や減税でお得になるかもしれないということです。それくらい車体価格の差を意識していない人が多いのだなと理解しました。CMでは燃費が良くてガソリン代が少なくすみ環境に優しいというイメージで売り出しますが、作ったり、輸送したりする時に環境に負荷を与えていますし、処分する時にもバッテリーはお荷物になります。

同じ車に長く乗ることが環境に優しいということはすでに答えとして出ていると言っていいでしょう。しかしそんなことをCMですることはありません。商品を買って貰わなければ経済が成り立たないからです。儲けたお金の一部で植林などして環境保護をアピールすることもあるかもしれませんが、当然赤字になってまで続けることではありません。

パパス
僕が軽自動車を買うなら
50万円以内までで10年乗りたいと思うデザインの物にします。
もちろん個人的な意見です。
最新情報をチェックしよう!

ミニマリストの習慣の最新記事8件