MacBook Proを購入するつもり。

今日は1時に起きました。気温は20℃。晴。今日は娘を連れて長男のサッカーの試合の応援。

『欲しい物リスト』を書いていて思うのが、欲しい物について記事を書くことでなぜその物が欲しいと思っているのか?なぜ必要だと思うのか?などその物についての考察をすることで本当に必要な物なのかどうかがわかります。

文章を書いている途中で本当に必要なのかどうかが分からなくなってくる時もあります。そんな時は公開せずに下書きのままおいておき、本当に欲しい物に昇格するまでは公開されることはありません。

今の所下書きまでいかずに消去してしまった物しかありませんが。文章を書いている途中で必要がないことに気が付いたのです。今日はMacBook Proについて書こうと思います。

『MacBook』は自宅用

僕はMacBook Air2018を愛用しています。発売当時では当然MacBookシリーズの中で新製品ですし、もっともバッテリー駆動時間の長いモデルが購入したMacBook Airでした。使い始めて約1年が経過しましたがまだまだ現役。

急いで買い換える必要はありませんが、以前使っていたMacBookは2年と6ヶ月でバッテリーが消耗して交換しなければならない事態になりました。修理に時間がかかったので、発売されたばかりのMacBook Airを購入することになりました。

新しいMacBookを買うためには約25万円ほどの予算が必要になりますので、今のうちから準備しておく必要があります。

毎年毎年買い替える必要はありませんが、写真や動画の編集をするためにはMacBook Proくらいの処理能力があれば嬉しいということに気が付きました。

MacBookシリーズ

MacBookとMacBook Air 比較

初めて買ったMacのノートパソコンは2016年に発売された当時最小最軽量のMacBookでした。驚くほど薄くて軽いので持ち運んで仕事をするのにとても便利でした。しかし、持ち運んで仕事をする機会はあまりありません。

まだ自分の仕事への取り組み方を試行錯誤しながら構築している途中でしたので、スターバックスなどで仕事をするのがカッコよく憧れもあったのですが、自宅の書斎で仕事をすることが1番効率が良いことに気がつきました。

MacBookシリーズは、無印のMacBook、MacBook Air、MacBook Proとだんだんと重たく高スペックになっていきます。MacBook AirとMacBook Proでは若干MacBook Proの方が分厚くなって重たくなります。

持ち運びの便利さとバッテリーの稼働時間を考慮してMacBook Airにしましたが、僕はほとんど持ち運んで作業しないことに気が付きました。とくにMacBookは持ち運びません。

MacBookは持ち運ばない

滅多にありませんが、カフェで作業する時にはMacBook Airを持っていかずに、ポメラ pomera DM200を持っていきます。ポメラは簡単にいえばワープロです。文字を入力するためだけの物です。

MacBook AirとDM200 比較

『ミニマリスト家族の本(仮名)』やKindle版の電子書籍むけの小説などはほとんどすべてをポメラで執筆します。

Macbook Airは自宅の部屋でしか使いません。ポメラ pomera DM200には、電子辞書や類語辞典などが入っているのでブラウザがなくても文章を書くことに関して不自由することはありません。

どうしてもネットを使って調べ物をしたい時にはiPhoneSEを使って調べれば事足ります。

自宅にいるときには、Macbookは便利ですが、便利すぎてついついネットサーフィンやカレンダーやFacebookの通知などが入ってきて集中しにくく感じてしまいます。もちろん通知をきればいいのですが、いちいち面倒なのでそのままにしています。

ポメラ pomeraDM200は開ければすぐに文章の入力をはじめる事が出来るので本を執筆している身としてはとても便利です。

MacBookは副業に使う

なんだかポメラの宣伝みたいになってしまいすますが、つまり、MacBookは仕事にも使いますが、本業の執筆に使うというよりは本に掲載する写真の編集したり、海外の編集者との連絡手段に使ったり、確定申告のために収支の計算をしたりと本業以外の仕事に使用しているということです。

全く文章を書かないわけではなく、MacBookでブログを書いたりもしています。同じ文章を書くとしてもブログは、文字だけではなく、デザインまですべて自分で考えて入力するので、文章だけを書いていればいいわけではありません。ですのでブログを書くのはMacBookを使用するほうが効率よく仕事ができます。タグ打ちをマスターすればDM200でもブログを書くことも可能ですが、どうしても写真編集はMacBookが必要になる。

しかし本業ではない(つまり副業のような)仕事は仕事には違いはないのですが、映画俳優がバライティ番組やテレビCMに出る仕事のようなニュアンスです。ブログに関していえば今は本の執筆以上にお金を稼いでくれるので、まさにギャラのいいCMと言えなくもないと思いますが、本業ではありません。もちろん僕のギャラはCMのようにはいかずスズメの涙ほどですが。

まとめ

とにかく次に購入するのはMacBook Proにするでしょう。少々の持ち運びの不便さは目をつむり、より効率よく作業できるMacBook Proを選択します。

とはいってもMacBook Airはこれから3年〜4年は使い続ける予定。最初に買ったMacBookが約15万円で2年使用しました。次に買った現在使っているMacBook Airが約20万円して4年〜5年は使い続けたいと思っています。

次に買うMacBook Proは25万円くらいでしょうか。それを何年使い続ける事ができるのか。4年使うと考えるとMacBookを愛用して合計で10年になります。10年で60万円も使うことになりますね。毎年6万円も使っている計算。

出来れば次に買うMacBook Proは高スペックの物にカスタマイズして選んで、5~6年以上は続けようと思います。もちろん今使っているMacBook Airも出来るだけ長く使い続けます。そのためにメモリを16Gにアップグレードしたのですから。

ポメラpomera DM200を購入した。初期設定など紹介。

2019年5月27日

ポメラpomera DM200。現代のタイプライターが欲しい。

2019年4月27日

2018年『MacBook Air』と2015年『MacBook』とミニマリストとして比較してみた。

2018年11月14日

2018年新型『MacBook Air』を注文。選んだスペックは?いつ届くの?

2018年11月4日

追伸

しかしこうして考えると、ノートパソコンも高い買い物ですね。副業で使う物としては高すぎる。そう思うと20年〜30年以上は使える自転車に40万円くらい使っても許されるんじゃないかという気がしますね。来年にはオーダーしているかもしれません。

明日はその自転車についての記事を書きます。