空き家の写真。いい感じ。

今日は6時に起きました。気温は27℃。晴。太陽が輝き、空はどこまでも青く澄んで、セミはわんわんと大合唱しています。早めに愛犬と散歩に行かないと、アスファルトが暑くて火傷してしまいます。マンホールや踏切の線路などにも注意して行きます。

昨日はスツールを追加で1脚作りました。合計3脚になりました。色はワックス直接塗った物と下地を塗った物を作りましたが、下地を塗った物が色の深みが出ていい感じに仕上がりました。下地を塗ればその分作業の手間や乾燥に時間がかかるのですが、それだけの価値は十分すぎるほどあることがわかりました。

今後は必ず下地も塗るようにします。

とにかく軽量のスツールが3脚で兄妹分が完成しました。サイズを最小限にしているのでものすごく軽いです。簡単に上に重ねることも出来ます。掃除するときや移動させるときに必要な作業では、物の重さやサイズが重要な要素になります。

今はどんどんコンパクトにしていっている段階ですので、いっとき物の量は増えますが、普段の家事が楽になるように常に家の中の物のアップデートを考えて行動しています。

毎日の布団の上げ下げを楽にするために家族用の布団はジュニア布団に買い替えたり、素材を軽量の羽毛に変更したりしました。僕が使っている寝具はキャンプに使うマットと寝袋です。夏のこの時期は寝袋も使わずにマットのみで寝ています。エアー注入式のマットですので羽のように軽い。ですので、子どもたちが寝ているときにマットを踏んだらボヨンと跳ねて起きてしまいますが・・・。

着ている服は洗濯機で長めに脱水すれば、すでに乾いているのでは?と勘違いしてしまうほどの速乾性を持った素材の服です。

僕は洗濯物はできれば外に干したいタイプなのですが、天候が怪しい時でも、急な雨に降られる前にすぐに室内に取り込んでも乾いてくれています。もちろん室内に干しても速乾性の優れた素材の服は、乾くのが早く家事を楽にして助けてくれます。

さらに普段の食器はキャンプ用に作られたチタン製のお皿やお椀を使用しています。キャンプ場では水や洗剤の使用はかなり厳しく制限されているので、少ない水や洗剤で汚れが落ちるようにシンプルなデザインで作られています。さらに持ち運びにも便利に出来ていてぴったりと重ねることも出来ます。

またチタン製品は軽量で丈夫に出来ています。子ども達が少々手荒に扱っても『ガシャン』という大きな不快な音を出さずに割れる心配もありません。

このように普段の生活を少しでも快適にすると精神的に安定することが出来て、仕事や家庭など現代人のストレスのほとんどを軽減することが出来ると実感しています。

子ども達は毎日毎日成長しています。出来るだけゆとりを持って2度と戻らない時間を大切にして子ども達の成長を目に焼き付けておきたいと思います。

最新情報をチェックしよう!

日記の最新記事8件