暴落時でも慌てない。

2020年3月30日月曜日

今日は6時に起きました。気温は6℃。少し肌寒いですが、半袖のTシャツの上にウルトラライトダウンを羽織って犬の散歩に行きました。寝る時も半袖Tシャツになりました。寝袋が暖かすぎるので、半袖Tシャツでも暑いくらいです。

トトロで一斉に植物の芽が出るシーンがありましたが、そんな感じで桜が一斉に咲き始めました。この記事が公開される今日には花見日和の日曜日となっているでしょう(これを書いているのは3/24)。

指の怪我の抜糸は全て終了。今日は最初から横になって処置してもらいました。自分で言わなくても看護師さんに促されました。昨日の失態が申し送り事項としてカルテに記入されているのでしょう。抜糸は終わりましたが、まだ完全には治っていないので、また2日後には受診して消毒する予定になっています。

マンションを購入するかもしれない記事を書きましたが、一軒家にするかもしれません。僕たちの子育ての環境を考えるとその方がいいのではないかと思ったから。そのほうが周囲の人々にとってもいいのではないかなと思います。

家を購入したからといって2度と引っ越しをしないというわけではありません。こだわらずに柔軟な対応をしていきたいと思っています。

もちろん引っ越しをするとなるとそれなりに資金が必要になるので、じゅうぶんな資金を確保しておくことがこれからも大事になりそうです。

僕はiDeCoとつみたてNISAを使って投資していますが、今回のコロナショックで40%ほど急激に資産が減りました。もともと20%近くの利益がでていたのですが、現在は20%以上の損失になっています。

たしか2週間くらい前に暴落がはじまった時に、投資信託を買い足そうか迷ったのですが、我慢して買い足さずによかったです。しばらくは自動で決まった金額を積み立てて損失を薄めていこうと考えています。

まだはじめて2年ちょっとしか経過していませんし、今暴落して下がることはチャンスだと捉えて、ゆっくり上昇するのを待ちましょう。上がるのは数年から数十年単位の時間がかかりますが、下がるのはあっという間。

僕みたいな素人が、投資の世界で生きぬくためには、時間の味方につけてコツコツといくしかありません。大きく儲けようと思うと、大きく損失を出す可能性が上がります。毎日や毎月コツコツと続けて気がついたら大きな金額になっていたというくらいの心構えが必要なのではないでしょうか。

コツコツ続けることは子育てに置いても大切です。この長い春休みの間に長男と一緒に過ごす時間が増えました。今までサッカーや剣道を一緒に行っていましたが、どうしてもコミュニケーションは少なくなります。子どもがコミュニケーションをとるのは友だちや先生やコーチといった面々になるのは仕方がありません。

しかし、学校も習い事も休みになってたくさんの濃密な時間を一緒に過ごすことができました。レゴをしたり、難しい算数の問題を一緒に解いたりしました。世の中は大変な時期で僕の人生感も変わるような出来事でしたが、僕の周囲の狭い範囲内では自粛することでいい面もありました。

一刻も早くコロナウイルスの感染が終息することを願っていますが、今まで当たり前に学校に言ったり仕事をしたり遊びに出かけたりすることが、幸せだったと気がつきました。

2度と時間は戻ってきませんので、後悔のないように、後悔をしたとしてもあまり長く引きずらないようにしたい所存。

パパス
なんでもないようなことが 幸せだっと思う
最新情報をチェックしよう!

ミニマリストの習慣の最新記事8件