寒い冬の乗り越え方。衣服編。

今日は4時に起きました。気温は7℃。晴れ。すっかり寒くなってきました。

昨日の仕事帰りに、長男のサッカーの練習を迎えに行ったのですが、予定時間よりも50分も長く練習していたので、時間が遅くなるに連れてどんどん気温が下がっていきました。結局20時近くまで練習していました。

昨日の僕の格好は上下ともロングタイプのコンプレッションインナーを着て上はウルトラライトダウンのみ。下は薄手のランニングパンツのみという格好でした。

これではとても寒かった。今後はもっと寒くなっていくので、もう少し厚着する必要を感じました。歳をとる毎にどんどん寒さに弱くなっていると感じます。

去年まではモンクレールのヒマラヤ山脈でも着れるような分厚いダウンジャケットを着ていたで上半身は寒くなかったですが、今年は薄手のウルトラライトダウンとナノパフジャケットを重ね着して乗り切る予定です。

コンプレッションインナーが擦り切れてきたので、今シーズンでお役御免になりそう。そしたら次は薄手のフリースを買うことになるでしょう。これも登山に使えるような高機能の物にします。使い切ってから買い換えるのが僕の買い物の仕方。

普段着をアウトドアブランドの高機能モデルにすることで、普段の生活がものすごく楽になり便利です。

登山用の衣服は基本的に丈夫で軽く洗濯したらすぐに乾く速乾性を兼ね備えている物が多くあり、小さなバックパックにも収まります。重ね着をして昼間に暑く感じたらすぐに脱ぐことが可能。

薄着になって遊んでいる子ども達が陽が陰ってきて気温が下がってくると急に「寒い寒い」と大合唱することは多くの親が経験積みだと思いますが、そんな時でも1枚脱いで子どもに羽織らせることが出来ます。以前は分厚いダウンジャケットを着ていたので、子どもに貸してしまうと僕がめちゃくちゃ寒い思いをしました。

今年はウルトラライトダウンにナノパフジャケットを着ていく予定なので、1枚子どもに貸しても、もう1枚残りますので、少しは辛い思いを軽減することができるでしょう。

冬の間にも子どものサッカーの試合でたくさん外に出る機会があるので、その時にはズボンも重ね着する予定です。重ね着することで中に空気の層が出来て熱を逃さず暖かく過ごすことが出来ます。マンションに住んで思ったことが、一軒家の実家よりも冬が暖かいこと。

一軒家の実家では廊下やお風呂の脱衣所など寒くて寒くてたまらなかったのですが、マンションは上下左右に部屋があれば暖かい空気が冷たい外気からの影響を軽減してくれます。2重窓なんかの構造もそうですね。

話がそれましたが、今年の冬は薄手のジャケットやズボンを重ね着して乗り切ろうと考えています。

最新情報をチェックしよう!