素晴らしい朝陽の傾き。

今日は5時に起きました。気温は6℃。とてもあたたかい。晴れていますが、昼間は雨が降るようです。

朝に犬と散歩に行くのですが、朝日が素晴らしく綺麗でした。職場で比較的よく話す年配の女性の方(だいたい70歳くらい)がいるのですが、いつもその日の朝陽の素晴らしさについてお互いに報告しています。

そのご婦人(ご婦人と呼びたくなるような人)は「最近は見える角度が変わってきて、だいぶ地球が傾いてきているわ」という話をされていました。ちょうど自宅の高層マンションのリビングの窓から昇ってくる朝陽がみえるらしく、毎朝朝陽をみての朝食をとられるようです。うらやましい。

今日は雨が昼から夕方にかけて降るみたいなので、自転車通勤するか迷いましたが、あまり電車に乗りたくないので、自転車で行きました。車は何かあった時のために家に置いています。2台あればいいのでしょうが、さすがにもったいなくて我慢。

この季節は服装に悩みます。朝は寒いのですが、昼間は朝と同じ格好だと暑すぎると感じることも多いです。昔、バイクに乗って通学していたのですが、朝にバイクに乗って行って、帰りに電車で帰ってくる時などは、大変でした。ものすごく暑い。

今は自転車なので少しその状況は緩和されましたが、通勤時間と帰宅時間で10℃くらいの変化があるときには服装に悩みます。

そんなときは、薄くて軽量のウインドブレーカーを重ねて着て行くようにしています。

朝は寒いので、普通のズボン(パンツ)の上に(下でも可)薄手のウインドブレーカーを履きます。帰りは寒ければまた同じようにして帰りますが、外の気温次第で、普通のズボン(パンツ)だけで帰ります。

その時にはウインドブレーカーのズボン(パンツ)はズボンのポケットに入るくらいとてもコンパクトになるので、かさ張らなので邪魔になりません(トップの画像参照)

ズボン(パンツ)を例に出しましたが、上着でも同じです。欠点はコンパクトにしたときにジャケットかズボン(パンツ)かが、わからないことくらいでしょうか。※ジャケットとズボン(パンツ)をコンパクトにしてもタグの色でどちらかわかります。

薄手のウインドブレーカーは旅行の時なども重宝します。

ちょっとでも少ない荷物で出かけたほうが、身体に負担にならずに旅行を楽しめます。もちろんファッションを楽しみたい人にとっては全く楽しくない旅行になるでしょう。僕にはファッションを楽しむという感覚がなくなりました。

毎日同じ服を着ていますし、毎日同じ服ではないと気持ちがわるいとかもありません。別になんだっていいのです。それよりも子ども達の将来や自分がしたいことに没頭する時間を確保する方が大切。

旅行に行くときに考えるのは基本的に目的があります。目当ての誰かに会いに行くだとか、子ども達に異文化を肌で感じてもらいたいとかそんな理由です。

別に僕の考えが正しいとか正しくないとかは関係なくて、ファッションを楽しんでいる人は思う存分ファッションを楽しむ方が人生を楽しんでいるといえるのでよろしいかと。

パパス
職場でお話しするご婦人は
とてもファッションを楽しんでおられます。
最新情報をチェックしよう!

ミニマリストの習慣の最新記事8件