中古のiPhoneを買うときの注意。

今日は5時に起きました。気温は17℃。晴。部屋の中では半袖Tシャツに短パンを履くようになりました。

ずっと常夏の地域に暮らすことも憧れます。ですが、雪国で暮らすと、冬の間に強制的に部屋の中にこもりっきりになるため、読書や執筆などに集中することができそう。迷いどころですね。両方暮らしてみて試すのが一番いいでしょう。

なんでも隣の芝生は青く見えるもので、完璧なんて存在しません。いい面悪い面両方を受け入れる器を今のうちから大きくしておきたい。

最近子ども用にiPhone7を中古で購入しましたが、SIMフリー端末であってもアクティベーションが解除できずに苦労しました。かなり面倒。

我が家にはアクティベーションロックを解除できるSIMカードがドコモ系、ソフトバンク系を持っているのですが、au系は持っていませんでした。買ったiPhone7がau系だったので苦労しました。以前はそんなこと考えずにアクティベーションをすることができたはずですが、ソフトが変わって仕様も変わったのでしょう。

ただポケットWi-Fiの端末にau系のSIMカードが入っていることを思いだし、ポケットWi-FiのSIMカードを取り出しiPhone7に入れて、自分のiPhoneでデザリングしてアクティベーションを解除できました。

以前ならこれでめでたしめでたしだったのですが、ドコモ系の格安SIMのカード(この端末で使う予定)を入れるとすぐに「アクティベーションが必要です」と画面に表示されて何もできなくなります。

LINEモバイルのホームページにはauでSIMフリー化したiPhoneは使えると書いていましたが、iPhone側のソフトが変わったのでしょう。とにかく自分が今後使用する会社のSIMカード(ドコモ系)でないとアクティベーションができないようになっているみたいです。

一応Wi-Fiには繋がるようになったので、文鎮になることは避けられたiPhone7ですが、今後は買うときに注意が必要ですね。もしiPhoneを中古で購入するなら、Appleで購入したSIMフリー版のiPhoneにしようと思います。

これは今3大キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)で契約しているiPhoneを使って、格安SIMに乗り換えようとしている人にとっても重大な問題になっているのではないでしょうか。

しばらく時間が経てば解決する問題ですが、スマホがしばらく使えないと死活問題になる人も多いでしょう。

簡単にSIMカードを入れ替えただけで使えるようになる日は来るのでしょうか。ソフトウェアのアップデートが待たれます。

とりあえず僕が買ったiPhone7は『LINEモバイル』に問い合わせ中です。