群れない利点。

2020年3月17日火曜日

今日は3時に起きました。先ほど新型コロナウイルスがWHOによってパンデミック(広範囲に及ぶ流行病)と認定されたようです(書いているのは3/12)。

日本でも感染者がたくさん出ているようで、今のところ親族で感染したという話は聞いていませので安心はしていますが、油断はできません。出来るだけ外出を控えたり、人の多い場所には行かないようにしています。

日の出の時間が早くなってきました。モニタの背景が時間と共に色が変わるのですが、朝日が昇る時間になるとオレンジ色になります。この時期は6時前にはオレンジ色になるので、外を見れば明るくなっているので、それを合図に犬の散歩に行きます。

早い時間に散歩に行けば、空気は心地良いし、人は少ないし、子ども達はまだ寝ているので、いい事だらけです。今日も散歩中に出会うの知り合いの人からおやつをもらいました。もちろん僕ではなく犬がもらいます。最初はお座りもできなかったですが、最近はお座りができるようになってきました。家では「お座り」も「お手」も「待て」「伏せ」などできます。

おやつをもらう時には嬉しすぎてお座りしている時から尻尾をブンブン振り回していています。ここまで尻尾を振られると嬉しくなっておやつをあげたくなるのでしょう。人間と違ってわかったやっていることではありません。ただおやつが欲しいという純粋な欲求。

外に出かけないので、自宅で出来ることを順番にやっています。いらない物を処分したり、冬の間に活躍したジャケットやストーブをメンテナンスしておきます。ストーブは来週にもう少し使うので、片付けることはしませんが、ホコリを拭いて芯を整えて起きました。

外に出かけませんが、テレビを見ることはほとんどなくなりました。以前に比べたらほぼゼロになったと言っていいほどずっとテレビをつける生活をしていました。家に帰ったらテレビをつけてテレビの前からほとんど離れないという生活をしていました。

昔のテレビ番組はとっても尖った内容で、たくさん録画して見ていました。最近では尖った企画をすればすぐに炎上してしまい、クレームが殺到してしまいます。簡単にSNSなどで個人が発信できるようになった弊害と言えるでしょう。

テレビがどんどん面白く無くなって、若者はテレビよりもYouTubeに夢中になっているようですが、数年前に比べて丸くなった印象。もともとYouTubeもほとんど見ませんが、広告費がたくさん流れるようになってスポンサーや顧客を意識するようになったのでしょう。

人が集まりすぎると楽しい場所ではなく生き辛くなっているように見受けられます。NYでアジア系の女性が急に殴られたとニュースで見ました。世界一の都市でもこんなことが起こるのかと驚愕しました。

いまだに差別は一向になくなりません。プロのサッカーの試合でも度々問題になっています。

今後も完全になくなることはないのでしょう。

感染症も人が集まることで猛威を振るいます。今後は自分で自分の城を築き、城の敷地内で生活するスタイルがいいのかもしれません。

そのために必要な環境はすでに整っています。

パパス
あとは自分が自分の楽しみを構築できるかどうか。
最新情報をチェックしよう!

ミニマリストの習慣の最新記事8件