子どもの兄弟ケンカが激減。Fire HD タブレット10を後部座席に取り付けた。

Fire HD タブレット10を後部座席に取り付けた。

子どもを2人以上乗せて車を運転していると、後部座席の子ども達が騒いでしまったり、ケンカをしてしまい、運転に集中できないこともあります。特に小学4年生と1年生の兄弟は5分に1回のペースでケンカします。

ナビのテレビを見せておけばいいと考えるかもしれませんが、我が家の車にはナビは付いていません。またナビが付いていたとしても今のナビは昔のナビと違って、走行中は画面が見られないようになっています。いつでもテレビを見せていればいいということにはなりません。

後部座席にモニターを付けようとしても、メーカーオプションだと結構な金額がかかります。

そこで今回、Amazonの「Fire HD タブレット10」を購入し助手席のヘッドレストのうしろに付けるようにしました。

するとめちゃくちゃ子ども達がおとなしくなって運転しやすくなりました。

今日は僕の子ども達が車の中でおとなしく座っていられるようになった方法を紹介します。

「Fire HD タブレット10」を選んだ理由

「Fire HD タブレット10」を選んだ理由

僕が後部座席にとりつけるタブレットを「Fire HD タブレット10」にしたのには理由があります。
それは

  • Amazonプライムビデオのラインナップが子ども達のお気に入り
  • 動画をダウンロードしておけばオフラインでも見られる
  • iPadに比べて安価
  • 10インチの画面があれば後部座席のどの位置でも見えやすい
  • バッテリーの持ちがいい

Amazonプライムビデオのラインナップが子ども達のお気に入り

僕は何年もAmazonプライムの会員をしています。Amazonプライムの会員になれば、毎月500円のお金でたくさんのお得なサービスを受ける事が出来ます。※年間契約の場合は5000円でお得。

子ども達にとってもテレビに接続しているFire TV StickでAmazonプライムビデオを見るのがお気に入り。

出来るだけ家事をしている時にはテレビに集中してくれていると助かりますよね。車の運転中にも同じことがいえます。

車の運転中に後部座席の子ども達のことばかりを気にしていてはいつ事故にあうかわかりません。物を出来るだけ増やしたくありませんでしたが、子ども達がケンカしているのを気にして事故に合いたくはありません。

子ども達がお気に入りのAmazonプライムビデオを見るのにAmazonの作った端末である「Fire HD タブレット10」を選んだのはわざわざこれの為に設定をするのが面倒。実はAmazonでは設定を終わらせて僕のアカウントを登録して送ってくれます。そのままAmazonプライムビデオのアプリで動画を保存すれば大丈夫。

動画をダウンロードしておけばオフラインでも見られる

 

Amazonプライムビデオを見るのに快適な「Fire HD タブレット10」は32Gの容量があります。32Gの容量があれば動画をおよそ○○本(○○時間)分はいります。

車は基本的に高速で移動する乗り物ですので、高速のポケットWi-Fiを持っていたとしても、ビルやトンネルの中などを通りぬけるときには圏外になってしまいますので、動画を見ている途中で止まってしまうことになります。

ですので、出来るだけたくさんの種類の動画を「Fire HD タブレット10」の中にダウンロードしておけば、圏外になったとしても動画がとぎれることはありません。

車の中にはUSB-TypeCの充電ケーブルとシガーソケットに接続できる充電器が乗っています。

iPadやリアモニターに比べて安価

「Fire HD タブレット10」は2020年1月現在で15,980円で購入できます。

基本的には車の中で子ども達が後部座席で動画を見るためだけに必要な物です。iPadも車の後部座席に取り付けることを考えましたが2020年1月現在に1番安価な無印のiPadでも38,270円。

リアモニターはだいたい20,000円から100,000円程度する物まで様々です。

「Fire HD タブレット10」はiPadに比べて約20,000円も安いです。20,000円あれば家族でキャンプに行けますし、外食だって何回か行けます。

「Fire HD タブレット10」は車の後部座席に設置するにはちょうど良い値段といえそう。

10インチの画面があれば後部座席のどの位置でも見えやすい

「Fire HD タブレット10」を後部座席に固定

Amazonのプライムビデオと相性抜群のFire タブレットは7インチと8インチと僕が購入した10インチがあるのですが、車の後部座席で見るモニターとして使うのなら、10インチくらいの大きさがある方が良さそうでです。

僕は助手席のヘッドレストに付けたのですが、どうしても運転席の後ろの席からは距離が遠くなります。

僕が「Fire HD タブレット10」をヘッドレストに接続するために購入した機器は角度調節ができるタイプの物だったので、ある程度角度を真ん中にすることで見やすくはなりますが、例えば1番小さな7インチのサイズでは、距離が離れてしまう運転席の後ろの席では見にくくなってしまうでしょう。

一方の座席では見にくくなってしまうと、席の場所でケンカする恐れもありますが、行き帰りで交代させることを出かけるときに約束させた大丈夫でした。

バッテリーの持ちいい

Fire HD タブレット10をType-Cで充電

「Fire HD タブレット10」はバッテリー持続時間が大幅にのびました。

連続運転時間が最長12時間。

車のシガーソケットから充電できるケーブルを車に常備しておけばさらに安心。

「Fire HD タブレット10」を後部座席に取り付ける方法

今回は後部座席から見えやすいように助手席のヘッドレストに固定するタイプのタブレットホルダーを購入しました。

運転席と助手席の間に取り付ける方法もあったのですが、その場合は強度が少し落ちることと、運転席や助手席から後部座席をみるときに邪魔になったりする可能性が考えられたので、ヘッドレストに取り付けることにしました。

パパス
上の商品で運転席と助手席の真ん中に取り付けると、
ドライブスルーで商品の受け渡しをするときにも邪魔になりそう。
僕は下の商品にしました。

注文したのはこの商品。タブレットのサイズで固定できない場合もあるので、注文するときには対応するサイズをよく確認しましょう。「Fire HD タブレット10」ではこの商品が1,500円以下で安いですし良さそう。早速届いたので、設置していきます。

説明書はなし

車の後部座席に取り付けるためのタブレットホルダーを開けてみました。

入っていたのは部品は2つだけで、説明書はありません。タブレットを固定するための部品と本体を車のヘッドレストに接続するための部品のみ。

ヘッドレストに「Fire HD タブレット10」を装着

  1. ヘッドレストを少し浮かす
  2. ヘッドレストに器具を固定
  3. ②で固定した器具にタブレットを固定する器具取り付ける
  4. タブレットを固定する

1.ヘッドレストを少し浮かす

今回はニュービートルの助手席に取り付けます。

ヘッドレストに取り付ける器具の幅の分を持ち上げて固定。

2.ヘッドレストに器具を固定

ヘッドレストに固定するための部品を取り付けます。

ネジたまに増し締めが必要でしょう。もし取れなくなってもいいのなら接着してもいいかも知れませんが、今年のうちに車を買い換えるので、こまめに増し締めしておきます。

3.固定した器具にタブレットを固定する器具取り付ける

②で固定した器具にタブレットを固定する器具を取り付けます。

結構固いので接続しにくかったのですが、しっかり固定しないとタブレットが落下する恐れがあるので、3番目の画像にあるようにしっかり挟みます。

4.タブレットを固定する

タブレット固定します。

ツメを浮かせた状態

ツメがついているので、浮かせたら固定する器具が上下するようになっていますので、タブレットのサイズに合わせてツメを下げて固定させます。

ツメを下げると固定されます

まとめ

ニュービートルの後部座席にモニターの代わりにAmazonのタブレット「Fire HD タブレット10」を取り付けました。

合計で18,000円ほどの出費でした。

「Fire HD タブレット10」にAmazonプライムビデオをダウンロードしておけば高速移動中でも快適に動画を楽しめます。

今までは車の中では親子の会話を楽しむ空間にしようとしていましたが、兄弟たちのケンカが激しくなり、怒るくらいなら、楽しく動画みれる空間にしてあげた方がいいかなぁと思ってつけてみました。

めちゃくちゃ大人しくなって快適にドライブできるようになりました。

子ども達が成長し兄弟ケンカがなくなってきたら、また車の中で会話を楽しめるようになればいいですね。

今回使用した物

 

最新情報をチェックしよう!