違いのわからない男。

2020年5月13日水曜日

昨日もずっと家にいましたが、犬の散歩と子どもとのランニングに外にでました。

犬の散歩はいつもの習慣ですが、昨日ははじめて次男と一緒にランニングに行きました。今まで長男とランニングに出かけた事はありましたが、次男とははじめてです。たぶん3km以上は走ったのですが、走っている途中で感動して心が少し震えました。

何度か書いていますが、我が家の次男のイヤイヤ期は本当にすごくて、自分が納得できないと抱っこしていても1時間も2時間も泣き続けるような子どもだったのです。少しづつ成長し、習い事にも参加できる様になって、今はサッカーも剣道も頑張っていますし、一緒にランニングしていると結構速くてびっくりしました。

毎日一緒に走ったら確実に僕の身体は絞れるでしょう。それくらいのペースで一緒に3km走りました。次男は小学2年生になったばかりなので油断していましたので、僕のガラスの膝もかなり痛みを伴いました。もともとフルマラソンを走った時に無理をしてから膝の調子が悪く、ランニングはしないように封印していたのです。

しばらく次男と一緒にランニングすることになりそうです。とても嬉しく感じます。何時間も泣き続けていたあの子と一緒にランニングできる日が来るなんて時の流れを感じます。

毎朝コーヒーを飲みますが、僕はブラックで、奥様は砂糖とミルクを入れて飲みます。スターバックスのコーヒー豆になって2週間くらいたちますが、全く変わらず美味しくいただいています。奥様も気が付かないみたいです。

職場から借りているドリッパーで淹れていますが、これは台形のペーパーを使っていれます。コロナウイルスの影響で三角錐のペーパーが売っていなかったので、仕方なく台形のペーパーを買ってきて、職場から使っていないドリッパーを借りてきたのです。

特にドリッパーでコーヒーの味が変わったように感じませんでした。もちろん僕は、ということで、敏感な方はわかるのでしょう。

ただ台形のペーパー用のドリッパーは穴が1つしか空いていないので、お湯を注ぎ過ぎたとしてもゆっくりと落ちていきます。ですのであまり細くゆっくりと注ぐことに集中することはしなくても大丈夫な印象。オートマチックにコーヒーを淹れることができます。優しい反面面白みにかけると言えそう。

その点三角錐のペーパーのドリッパーはお湯を注ぎ過ぎるとそのままの勢いで落ちていくので、かなり味があっさりとかすっきりしたコーヒーになってしまいます。細くゆっくりとお湯を注ぐ必要があります。

どっちがいいかは好みの問題でしょうが、慣れればどちらでも変わらないかなというのが素直な気持ちです。

円錐形のドリッパーは小さくコンパクトになるので、持ち運びに便利ではあるので、キャンプにいったりするときには便利です。もちろんもっと便利なのはインスタントコーヒー。

とにかくドリッパーもコーヒー豆の違いもそれほど変わりがなかったということです。自己満足の世界かな。もちろん自分が満足することがもっとも人生で大切なことなので、もっともっと自己満足の世界に浸りたいと考えています。

パパス

学校が休みの間は次男と一緒にランニングして運動します。
膝が持ってくれたらいいのですが。

最新情報をチェックしよう!

ミニマリストの習慣の最新記事8件