南海トラフ地震は必ずおきると考えておく。

今日は4時に起きました。気温は13℃。晴。昨日は忙しく日記をサボってしまいました。今日も目が覚めてから書くのをやめようかと考えたのですが、とにかくやらなければならないのだと言い聞かせ、たっぷりコーヒーを入れたマグカップを片手にキーボードをパタパタと叩きます。

書いている途中で少し揺れたかなぁと思って調べてみると京都で震度3程度の地震があったようです。我が家周辺は震度1にも満たない程度だったようですが、台風などと違って地震は急に訪れる災害ですので、常に警戒していなければなりません。

南海トラフ地震は30年の間に70〜80%の可能性で発生する大震災になると予想されています。気象庁の発表の写真を見れば日本列島のどこにいても被災する恐れがありそうです。出来るだけ早く移住を決断しなければならないのかもしれません。

もし移住が難しいとしても物をたくさんため込むことは控えた方がいいかもしれない。

去年から顕著に大型の台風が日本列島を通過するようになってしまいました。またゲリラ豪雨なども近年急増していて命を落とす人もいます。

やまない雨はないと言われますが、雨に濡れた物はゴミになることがほとんどのようです。台風や豪雨によってたくさんの物がゴミとなりあふれています。

産経新聞社より

ゴミを片付けるだけでもかなりの重労働になります。

物を普段から少なく生活することで、避難するという判断が早くできます。土地や家や家具、家電に縛られていなければ、すぐにでも逃げる判断を下すことができるでしょう。

まずは命を守る行動を取ることが先決なのは誰にでもわかると思います。もし身動きの取れない人がいて簡単に避難できないとしても、お金さえ出せば早めに避難を手伝ってくれる方は見つかるはずです。

お金にも執着せずにまずは逃げること。災害は誰にでも訪れます。逃げることで、「自分だけ助かろうとしている」と非難されることもある、と心配するかもしれませんが、まず自分の安全を確保してからでないと誰も助けることはできません。まずは自分が災害時に救助を求める人でも救助する人でもなく、安全な場所に避難していることが重要です。

そこからもし余裕があるならば救助に向かうことも考慮してもいいかもしれませんが、ゆとりがあれば義援金という形で災害救助に貢献することが良いのではないでしょうか。

緊急時には素人の救助が足手まといになってしまうこともありますが、お金は足手まといにはなりませんし、今後の生活費に役立てることもできます。物資を送ることも役に立つことはありますが、被災地に何が足りていないかは正確にはわかりません。避難所によって物資の偏りがあり、水が欲しい避難所もあれば毛布が欲しい避難所だってあるでしょう。毛布が足りている避難所に毛布を送っても仕方ありません。十分に足りている物資を送るよりもお金を送る方が喜ばれるはずです。

物を買うためにはお金がかかります。僕は物をあまり持っていませんが、今持っている物をもう1度買えるだけのお金は貯金しています。もし全てなくしたとしても、どこでも同じように生活を始めることができます。

自由に生きられるという実感を持つこと。それが僕の人生のテーゼのようになっています。

自分には災害は起こらないものと目を背けるのではなく、いつでも悲観的に準備しておくこと。それは死を意識して生きていくことと同じようなものかもしれない。