自作するメリット。

2020年6月2日火曜日

朝から雨が降っていましたので、犬の散歩は中止に。代わりに朝からシャンプーをしました。初めてダイソンのドライヤをポッキーに使ってみました。物凄い勢いで風が出て、いつもより10分以上乾かすのが早くなりました。これだけでも買った甲斐があります。なんと言っても犬のシャンプーで1番大変な作業が乾かすことですので、今後はもっと頻繁に洗いたくなりそう。

今の時期は犬をブラッシングすると毛が抜けてきます。夏の毛に変わっていくのでしょうが、今は時期は秋に比較するとそこまで抜けません。夏が終わったら比べものにならないくらい抜けます。夏になる時は髪の毛が少なくなって、冬には全て生え変わっているのでしょうか。

ネット通販でスピーカとアンプを作るために部品を注文しました。自宅で楽しく生活するために必要だと考えているからです。コンパクトで可愛いサイズの物を作りたいのですが、堅い広葉樹の木材で欲しい厚さの手頃が物が販売されていないので、結局木材ショップでオーダすることにしました。

そのために簡単に設計図を書きました。定規も使わず、ネット通販の領収書の裏にフリーハンドで書きました。設計図は有名な人が作った物を改良して少しコンパクトにしてみました。コンパクトにすることで音が変わるかもしれませんが、スピーカーユニットも進化しているでしょうから、僕の素人な耳ではこれでじゅうぶんでしょう。

アンプは組み立てキットを注文しましたが、昨日キャンセルの通知が届きました。なぜかはわかりません。お店から連絡はなく、楽天からキャンセルされましたと通知がきました。もうその店では注文しないでしょう。信頼とはそういうことだと思います。

最初はキットから作るのがいいかと思いましたが、本を読んで見る限り簡単に作れそうです。オークションでジャンク品が1/4程度の金額で出品されていたので、それを購入して修理することにしました。

最初から作るのも楽しいでしょうが、安く楽しむにはジャンクを買う方が良い選択といえそうな気がします。コンデンサなど電子部品を安く取り寄せたらコストパフォーマンスが上がります。

昔パソコンを作っていた時も、マザーボードを買ってきて、相性の良いHDDやメモリを接続し、モニタ、マウス、キーボードなどバラバラで購入して自分で組み立てた方が安くてハイスペックのパソコンを作ることができました。

それがあっという間にDELLやショップが組み立てた完成品のパソコンを安くに販売するようになりました。僕が自作パソコンをやめた理由はそこにあります。もう部品を組み立てて、それぞれの相性が悪くて部品を買い直したり、マザーボードの拡張性を考えたりすることなんて必要なく、こんなに安く買えるようになるなんて、作る必要がないと虚しくなってやめました。

しかしまだ真空管アンプの場合は自作することで、安くハイパフォーマンスな物を作ることができそうな気配があります。何よりもデザインがかっこいい。車もそうですが、かっこよさ、つまりデザインって大切だと感じています。新しい物もいいですが、古い物はその通り過ぎてきた年月に耐えてきたデザインの物に引かれます。古い物で格好よくない物は姿を消しますが、かっこいい物はいつまでたっても残り続けます。

パパス
自分が所有する物は、
かっこいいと思うものしか持ちたくない、
と思っています。
最新情報をチェックしよう!

ミニマリストの習慣の最新記事8件