雨降りの中の考察。

2020年4月17日金曜日

一昨日より降り続いていた雨は上がり、晴天。しかし、昨日の雨のために自転車が職場に置きっぱなしになっていたので、電車で通勤しました。久しぶりに電車通勤しましたが、乗車率は3割くらいに減っていました。

乗車人数は少ないですが、得体のしれない恐怖やイライラした感情が渦巻いた車内、静まり返っていて気持ちのよい通勤時間にはなりませんでした。やはりガレージ2台分を停められるようになれば、自分専用の車を買おうかなと思いますね。そうなれば今より10分遅く出勤し、10分は早く帰宅出来るでしょう。20日出勤すれば、1ヶ月に400分も削減できたることになります。

400分といえば6時間以上ですので、ほぼ1日分の労働時間。軽自動車の維持費くらいの時間は簡単に捻出できるのではないかと思います。家族の理解を得るための言い訳ともとれますが。

以前購入したクロッグは毎日履いていますが、昨日はじめて雨の中を少しだけ歩きました。といっても20分くらいですが。雨の中歩くための外履きなので、靴下は濡れないはずだと期待していたのですが、思惑は外れ、自宅に着いた時には靴下はびしょ濡れでした。クロッグ自体はゴム製なので、完全に防水で雨も空気も通しません。しかし、雨の中、傘をさして歩いているとズボンの裾が濡れてきます。その濡れたズボンの裾が靴下に触れてだんだんと靴下を濡らして靴の中まで濡らしてしまうことになりました。

もう雨の日は短パンを履いていくのがよさそうです。さらに雨の中を歩く場合には靴下は履かないほうが良いでしょう。寒いと感じるかもしれませんが、濡れた綿の靴下は体温を奪うので、濡らすくらいなら脱いでズボンのポケットに入れておくのがよさそうです。

夏になれば毎日短パンでサンダルに裸足で通勤しています。もしもの為の靴下と靴と長ズボンは職場のロッカーに入れてありますが、ここ数年使ったことがありません。えらい人と会食に行く機会もなくなったからです。これは僕が地道に広報活動した結果ともいえます。

雨に濡れた靴下とズボンはそのまま洗濯機へ。クロッグはそのままにしていましたが、次の日(つまり今日)の朝には乾いていて、そのまま履いて行くことができました。これが以前のスニーカーなら、新聞紙をつめて、ドライヤーで乾かしたりしないと履けませんでした。

乾かせばそのまま履けるというわけでもなく、臭いがきつくなるので重曹を使って丸洗いしたりしなければなりませんでした。それが面倒でクロッグを買ったので完璧ではないにしても大満足の結果と言えます。

以前はコルクを使った靴を履いていましたが、もう僕はゴムでじゅうぶんではないかと考えています。あと心配なのは耐久性ですが、値段もそこまで高くなく(5000円くらい)満足しています。

できればもう少し足の甲の部分まで覆われて踵を止めるバンドも欲しいところでしたが、それは次に買う時に考えましょう。

パパス
昨日、子どもを抱き抱えると時に、
クロッグのバンドの留め金が外れたので、
接着剤で着けて修理しました。
最新情報をチェックしよう!

ミニマリストの習慣の最新記事8件