桜の名所。1本の桜。

今日は5時に起きました。気温は6℃。晴。桜は満開。少し肌寒いですが、ウルトラライトダウンジャケットと半袖のTシャツで快適。

近所にある桜の名所に行けばたくさんの人たちがブルーシートを敷いて花見をしていました。ブルーシートとブルーシートの間を通る人が年々増えてきて、今年から一方通行になる区間まで出てきたようです。普段、人通りもまばらな川沿いの公園もこの数週間は特別ににぎわいます。

今年桜並木を見ていて思ったのが、たくさんの満開の桜の花を眺めるのもいいですが、川沿いにぽつんとたって咲いている1本の桜の木を眺めるのもすごく感じがよくて素敵だなぁと思いました。

桜の名所も素敵ですが、誰も知らない秘密の場所に咲く桜が特に良く感じられるようになりました。僕もだんだんと年老いてきたのかなぁとも感じます。

とにもかくにも、僕が近所の桜並木に慣れてしまったことも原因のひとつでしょう。

人間は良くも悪くも慣れを感じる生き物です。

最初は一緒にいられるだけで幸せいっぱいだったはずのカップルや夫婦の半分が別れを選択しています。

近年では結婚する人の半分が再婚者であるとの調査結果もあります。

新しい環境に身をおくことで新しい刺激が生まれ自分の感性が磨かれます。常に向上心を持つことが人生を幸福に暮らす唯一の方法です。

現状に満足していては必ず現状に慣れてしまい、幸福を感じなくなるのです。どれだけ大好きな服を買っても、数週間で次の新しい服をきたくなるような感覚。

僕は環境を自由に変えられるように賃貸に住み続けています。自分にとって幸福を感じられる場所を見つけるためにいつでも自由に引っ越しができる環境。思い立ったらいつでも車のトランクに全ての荷物を入れて旅立てる今の環境が気に入っています。

もちろん世間一般の意見は知っていますが、僕には関係ありません。昨日新しい年号が発表されましたが、どこのテレビ局も特別番組を放送していたようです。仕事をしながらでも特にテレビを見ていなくても勝手に耳に入ってきました。

今の日本は情報を自分から遮断するくらいがちょうどいい環境のようです。一体自分がどれだけテレビに時間を奪われていたのかと思うと寂しくなります。もちろんそれらのテレビの内容はほとんど覚えていません。

大量な時間見ていたテレビの内容は忘れてしまいましたが、初めて家族で行った北海道旅行で食べた毛ガニや花見で食べたお弁当のことはしっかりと人生の記憶として定着しています。

自分の人生を振り返った時に、何にもない人生だったと言わずにすむように、これかも向上心を持って挑戦し続けたいと考えています。