出来るだけ家からでない生活。

2020年3月5日木曜日

今日は5時に起きました。気温は6℃。晴れ。昨日は新しい本の執筆を3000文字書いて、合計4000文字になりました。完成度は4%。全部で10万文字くらいの本を想定しています。ブログの日記も2日分かいたので、合計6000文字書きました。

日記はだいたい想像でこんな日かなと書いていて、前日に前半の数行だけ書きます。書き直すことはほぼありません。日記なので。もう数日分はたまっています。ただ画像ははいっていません。もし体調不良で倒れたら、画像なしの日記が3日分くらい更新されるでしょう。だいたい3日分が予約投稿されていて、残りの記事は下書きのままだからです。

毎日起きる時間によって書ける文字の数が変わってきます。しかし、去年1年かけて本を書いた経験が生きているのか、本の執筆もブログの更新もさくさく書けるのが楽しい。小説の方は全然だめですが、歯を食いしばってこちらもがんばりたい。

トイレットペーパーの買い占めが問題になっているそうです。誰かがデマをながしたようで、世間の人々が買い占めに走ってしまったようです。トイレットペーパーで思い出しましたが、Amazonプライムで日用生活品を定期的に購入したら安くなるようですので、設定しておこうと思いました。

1週間でどのくらいつかうのでしょうか?奥様に聞いて確認をしようと思います。

定期便で日用品の配達を頼むと、ほとんど考える必要がないということが最大のメリットだと感じます。配達をするから環境に悪いという考えもあるかもしれませんが、我が家のマンションの場合はほぼ毎日どこかの家庭に荷物が届きますし、近所にもたくさんのマンションがあって常に配達の車がどこかで停車しているのをみます。

むしろみんなが定期便にして、配達をまとめてしてもらえたら、わざわざお店に行くこともなくなって環境にやさしくなるかもしれませんね。もう商品は大型の倉庫から直接各家庭に配送される時代がくるかもしれません。もうそうなっている地域もあるのかも。

店舗がたくさんあればそれだけ多くのエネルギー(光熱費)を使うので、簡単に配達できるシステムが完成できたら、物を配達する方が店舗を構えるよりも簡単になるでしょう。

多くの人が店に出向く必要がなくなります。今のように感染症のリスクは人に会うことで増大するので、出来るだけ家にいるのがいいかと。

家にずっといる事になると、人に会いませんから、おしゃれする必要もなく、自分の1番楽な格好で生活ができます。他人の目線を気にせずに生活できる幸せは1度でも味わうと病みつきになります。

僕はミニマリストになり、毎日同じ服を着て仕事に行ったり、散歩に行ったりしていますが、まったく気になりません。他人のために服を選ぶのではなく、自分の好きな格好ができます。僕は動きやすく、汚れにくく、汚れてもすぐに洗濯できて、簡単に乾く服ばかり着ています。

パパス
ブログを書いたり、本を書いたりして生活ができるようになれば、ほぼ家から出ない生活も可能。
最新情報をチェックしよう!

ミニマリストの習慣の最新記事8件