友だちの家のお風呂。

2020年7月9日木曜日

今日は7時に職場に着かないといけません。約束があるからです。ですので6時30分に自宅を出ます。また雨。以前なら目覚まし時計をセットして早めに寝ないといけないかなとか思いながら晩酌していましたが、最近は朝に強くなったので問題なし。

毎朝タイマーで自動的に機械が立ち会がる設定にしているのですが、どうも朝の7時過ぎにエラーが出るので2人で現場を抑えようということになりました。面倒ですがしかたがありません。これが仕事であって、これをするから賃金がもらえます。

今までの職場では先輩が何人かいて、その先輩(つまり上司)の命令を聞いていればよかったのですが、今の職場は入職して半年で先輩が移動して事実上のトップになってしまったので仕方がありません。命令を聞いていれば1日が過ぎましたが、今は自分で仕事を考えて作っていかなくてはいけません。それでもやることは以前とかわりはないので大きく違いはありません。トラブルがあったときの責任が増えた事と朝や夜に仕事をすることが若干増えたくらいでしょうか。

昔ミニマリストとして取材を受けたときに良く聞かれた質問は「今1番欲しい物はなんですか?」という質問でした。はっきり言ってそんなに欲しい物なんてなかったのですが、なんとか答えを絞り出さないと相手が納得してくれません。そんな時に答えていたのは「全天候型の服が欲しい」でした。

暑くても寒くても快適な服が欲しいと言っていたのです。それは僕がまだ世界を移動しようと思っていたからで、身軽な服が欲しいと思っていたからです。今はと言うと全然そういった服が欲しいとは思っていません。今持っている服で満足しているからです。

今欲しい物はたくさんありますが、ここに書くことではないかなと思っています。本当に欲しい物は誰にも言わずに自分の中だけで処理することが楽しむこつなのではないかなと。かと言ってたまに書くのはそれが仕事であって、読まれる内容だと認識しているからではあります。

子どもと一緒にお風呂に入っていた時の一言

「パパ、きいて」

「どうしたの?」

「〇〇君の家のおフロすごいんだよ。あたま用とからだ用のシャンプーが別々にわかれてたよ」

「そうなんだ。どう思った?」

「どうしてわけるの?あたまもからだじゃないの?」

生活の仕方はいろいろあります。今後はたくさんの生活スタイルを学んでいくことになるでしょう。将来子ども達がボディソープとシャンプーの別々の商品を使っても別になんとも思いません。選択するのは子ども達です。大切なことは自分のスタイルでない場合でもその利点を考えられるようになることでしょうか。自分の考え方と少しでも違うと拒否したり耳を閉じたりするような大人にならないように注意して欲しいと思っています。

パパス
我が家はほぼチタン製の食器で
ワンプレートが主流。
外食した時にテーブルマナーを教えます。
最新情報をチェックしよう!

ミニマリストの習慣の最新記事8件