ベストセラーを書けないのなら。

今日は3時に起きました。気温は20℃。曇。夕方には雨がふる予報。明日の午前中まで降り続くようです。今日も明日も仕事です。今日の朝、自転車通勤をして電車で帰宅。明日は電車で出勤して、自転車で帰宅すれば、雨の降る時間は自転車に乗る必要がなくなるので、そのような予定で出勤します。

毎日思いつくままに日記を書いていると、内容がかぶってしまうことも多くなってきました。去年の年末から書き始めた日記も300記事を超えていました。全て1000文字以上書いているはずですので、300000文字以上にはなっているでしょう。

内容が重複してしまうことは1人の人間の頭の中から出てくる文章なので、仕方がないことと諦めています。

このブログのリピーターの数は4%だそうです。100人読んでくれたら、もう1度読もうかなと再び訪れてくれる人が4人いると言うことです。これは結構凄い数字だと思います。身を引き締めなければ。

かといって毎日日記を読む人はさらに少なく0.1%いるかどうかでしょう。1000人に1人くらいでしょうか。

重複している内容なんて読みたくない。もっと効率よく読みたいと言う人はこのブログの日記を読む必要はありません。そんな人のためには『ミニマリスト家族の本(仮名)』を書いています。本を1冊読めば、たいていのことは書いてありますし、本の中で同じ表現が使われることもありますが、ブログのように1度読んだ内容がもう1度出てくるなんてことは滅多にありません。完全にないとは言えないことが心苦しいのですが。それでもブログに比べれば本は何名かのプロが構成を重ねて1冊にまとめてくれるので、格段に読みやすくなっています。

もちろんブログは無料で本は幾らかのお金がかかってしまうと言う欠点はありますが、それでも効率よく読みたい人にとっては数百円、数千円の身銭を切ってでも本を読む人だと思います。実は言うと僕も他の人のブログはほとんど(と言うか全く)読みません。

特に今は子育てに忙しくて、暇を見つけてブログを書いたり本を執筆したりしているくらいなので特に時間がありません。

それでも本は買って読んでいます。毎月1万円分くらいは購入しています。これは一応経費で落ちるようですが、結局赤字なので意味はありません。本の印税が入ってくるまでは赤字続きでしょう。本も書き終わったら次の作品を書き続けることが大切です。

ベストセラーなんて僕に書けるはずもないので、たくさんの本を書いていくしかありません。100万部のベストセラーを狙うのではなくて、1万部売れる本を100冊書くことを目指します。1万部が難しければ5000部を200冊書けばいいのです。

だんだんと文章を各スピードが上がってきたので、1ヶ月に1冊のペースで書き続けることが理想なのですが、いつになったらそんな風に書けるのかはまだわかりません。10年か20年後には書けるようになっているでしょうか?もしかしたら夢破れるかもしれません。

しかし人間何事も挑戦することが大切。ブログに書いておくことで身を引き締めて頑張りましょう。ブログや本の執筆で家族の生活を支えることができるようになれば、災害時に仕事のことを考えずにいつでも避難できるようになります。

元々賃貸に住んでいますので、家にも土地にも執着をしていません。物にこだわらずに自由に生きること。それが1番の目標です。