【2019年8月】イオンゴールドカードを取得までの10ヶ月の使用履歴。

イオンカードをゴールドカードにしようと試みたのが2018年の11月の事でした。イオンカードのゴールドカードは年会費が無料で家族カードも無料で作ることができるゴールドカードです。

出来るだけ財布の中身をスッキリとさせたいので、財布の中にはゴールドカードを2枚入れることを目標にしてきました。ちなみにもう1枚はエポスゴールドカードです。同時に申し込んだイオンゴールドカードの家族カードが届けば夫婦とも2枚のゴールドカードになります。

メインのクレジットカードはエポスゴールドカードを使用して、サブとしてイオンのゴールドカードを財布にいれています。ごくたまにですが、クレジットカードの磁気不良が起こり、レジで使用できなくなる(決算できなくなる)恐れがあるので財布には2枚の年会費が無料のゴールドカードを入れることにしたのです。

2019年8月10日についにゴールドカードが送られてきました。ゴールドカードが送られてくるまでの、カード決済の利用歴を紹介したいと思います。

イオンゴールドカード獲得の条件

まずイオンゴールドカードの獲得条件をおさらいしておきましょう。

よくネットであげられる条件は以下の通りです。

直近1年間で100万円以上の利用
総利用料が500万円以上
直近1年間で80万円以上かつ120回以上の決済
直近1年間でイオングループの店で60万円以上の利用

この中でもイオンゴールカードの取得条件として『直近の1年間で80万円以上かつ120回以上の決済』は都市伝説的に語られているようです。しかし僕がゴールドカードを取得したのは、まさにこの条件でした。

2018年11月に利用開始

僕がイオンゴールドカードを取得するために利用を開始したのは2018年の11月の事でした。この月からクレジットカードが使えるお店では全ての決済をイオンカードを使用して行いました。

記録を見てみると2018年11月10日のマクドナルドの約1700円ほどの決済がスタートでした。それまでは、イオンカードを持ってはいましたが、全く使ってはいませんでした。

スタートとなったその月に合計21回使用しました。その中での最低金額はコンビニで使った230円。きっとこれは僕の昼食代だったのでしょう。最高金額はAppleStoreで約12万円で買ったiPhoneXsの決済でした。

この月に21回の決済を行い合計146000円使用しました。

10ヶ月後にゴールドカードが送られてきた

事あるごとに決済をイオンカードでしていました。そしてゴールドカードが送られてきたのは2019年の8月13日でした。送られてきたのは、インビテーション(招待状)ではなく、デザインもクレジットカード番号も使用期限も今までのカードと同じのゴールドカードが送られてきました。

僕はイオンカードのディズニーデザインを持っていたので、そのままディズニーデザインのイオンゴールドカードが送られてきました。

それは突然手渡しの郵便で届きました。ちなみに、本人確認などはありませんでした。

10ヶ月間の使用履歴

直近の1年間で80万円以上かつ120回以上の決済』は都市伝説として言われていたようですが、僕がイオンゴールドカードを取得できたのは、この条件以外考えられません。

僕がイオンカードを使い始めた2018年11月10日から2019年の7月までの使用歴を下の表で紹介します。ちなみにイオングループでの使用は2%以下の頻度だと思われます。

年月 合計使用金額

(下3桁四捨五入)

決算回数
2018年11月 146000円 21回
2018年12月 68000円 31回
2019年1月 45000円 27回
2019年2月 63000円 29回
2019年3月 107000円 36回
2019年4月 100000円 23回
2019年5月 145000円 37回
2019年6月 117000円 42回
2019年7月 107000円 42回
合計 898000円 288回

まとめ

イオンゴールドカードが送られてきたので、使用歴を紹介しました。

家族がたくさんいるので細かい出費はかなりあります。意識してイオンのクレジットカードを使用すると10ヶ月後にゴールドカードが送られてきました。

今回振り返って使用歴を見てみると、かなりの金額を使用していることがわかりました。もっと削減できるところがあると思うので、こだわる必要のなくなったクレジットカードの使用歴やポイントを気にせずに節約に励もうと思います。

家族のミニマリスト向け。今作るべきクレジットカード。

2018年11月21日

アブラサス『薄いマネークリップ』レビュー。支払いも家計もスマートにする方法。

2018年9月26日