午前中にできる家事は全て終わらせる。

f:id:pepsi-nex-1:20190228061305j:plain

今日は5時に起きました。気温は9℃。雨。天気予報で雨だとわかっていたので、昨日の夜は長めに愛犬のポッキーの散歩に行きました。雨のたびに暖かくなるのは春のしるし。

昨日宣言した懸垂は出来ず仕舞い。しかしランニングを再開しました。わずか5分間だけ走っただけですが気分は爽快。自転車通勤も失踪しました。

『ミニマリスト家族の本(仮名)』は〆切を伸ばしてもらってどんどん書き進めている段階。昨日も今日も1000文字以上書き足しました。今後も文字数は増える予定です。毎日の掃除について詳しく記述しました。下書きを公開。

僕は(奥様は)毎日掃除します。

お正月だろうが誕生日だろうが関係ありません。もちろんそれはやらされている事ではなく、自分が自主的に行っている事です。たくさんの物があれば掃除するのは大変になります。

部屋の床にできるだけ物を置かない。ベットも使わない。床に物がないと毎日の掃除が簡単になります。

床に濡らした新聞紙を撒いて箒ではきます。掃除機は必要ありません。出来るだけ電気を使わずに掃除しています。

食器洗いも簡単。油汚れも落ちやすい素材の琺瑯やチタン製の食器を使っています。プラスチック製品は油汚れが落ちにくく洗剤やエネルギーをたくさん使用しなければ汚れが落ちません。

チタン製や琺瑯のシンプルなデザインの食器を使用していますが、少ない洗剤で洗いあげることもできます。また洗う前に新聞紙などで汚れを拭き取ればより簡単に最小限の洗剤で綺麗にすることができます。

食事が終わったらすぐに食器を洗うことも大切です。汚れはすぐに洗うのが基本。そして洗い終わればそのまま布巾で拭いて食器棚に片付けましょう。そして使用したシンクまで綺麗に磨き上げて食器洗いは終了です。シンクも食器の一部として扱うことで常に綺麗なキッチンになります。

もちろん食事を作り終えた時点で使用した調理器具も洗って元の場所に片付けておけば完璧。

常に最小限の負担で家事を終わらすためには、物に触れる回数を最小限にすることが大切。使った調理器具や食器は使い終わってシンクに入れたら、「使って・洗って・拭いて・片付ける」まで一気に終わり、触れる回数が最小限になります。段取り力。

箒を持てば部屋中を掃除します。出来るだけ触る回数を最小限にするために部屋中を一気に終わらせます。そのためにも部屋にも廊下にもどこにでも物をなるべく置かないようにします。もしどうしても置きたい家具などは、簡単に動かせる物にして後ろの埃も掃除できるようにしましょう。

もしかしてあなたはゴミ捨てをしてゴミ袋をゴミ箱にセットしていないでそのままゴミ捨てに行ってしまう人ですか?ゴミ箱からゴミ袋をとったらそのままゴミ袋をセットしてゴミ箱に戻ってかなくて済むように全て終わらせましょう。

掃除が隅々までいきとどいた部屋でコーヒー片手に読書をする時間が人生の幸福を感じさせてくれます。

触る回数を最小限に。人生の時間は最大化します。