無駄な行為を楽しむことが人生を楽しむコツだと思う。

f:id:pepsi-nex-1:20190108041916j:plain

今日は3時に起きました。息子に寝相で足をドンとされたからです。全然かまいません。2時以降なら何時でも起きます。

日に日に、日の出が早くなっているのを感じます。(実際にはほとんど早くはなっていないです。感じるだけです。)

日の出前の東の空が好きです。少しずつ色が明るく変わっていく様を眺めていると、どれだけ技術が進歩して、世界中にバーチャルな旅行に行けたとしても、僕は世界の土地を自分の足で歩きたいし、世界の色を自分の目で見たいと思います。たとえそれが他の人からしたら無駄な行為だとしても。

『ミニマリスト家族の本(仮名)』は今日も1000文字書きました。書き始めたときは毎日2000文字書いて、2ヶ月間で12万文字になる予定でした。それで書き終わるつもりでしたが、文字数が少なくなって、その分、写真が多くなるかもしれません。まだわかりません。

昨日は剣道の初稽古に行ってきました。年末年始は休みでしたので、たしか2週間ぶりだったと思います。久しぶりの稽古は身体にきつく今日は全身筋肉痛です。とくに上半身の筋肉がカチカチになっています。

剣道の先生から初段審査の合格記念に新しい竹刀を頂きました。

まっさらの竹刀はすぐに使いません。歯ブラシで油を竹に塗っていきます。乾燥した竹は割れやすくささくれになります。ささくれた竹刀を使っては、相手の目に飛び込むかもしれないので危険です。

1週間に1回程度油を薄く塗っていきます。だんだん色が変わってきてあめ色(体育館の床みたいな色)に変わってきたら使い頃です。だいたい2ヶ月くらいしたらあめ色になります。

いっぽう剣道の世界では道着や防具は新しい物が好まれるようです。審査や大事な試合では新しい道着を買って挑むことが一般的です。僕なんかは、先生が着ている古い袴が折りたたんだ跡がとても美しく色落ちし、恰好が良くみえるのですが、剣道審査の時は着ていないようです。

先日都会にいってパタゴニアの専門店にジャケットとパンツを両方修理に出してきました。2.3ヶ月かかるかもと言われました。寒い時期にジャケットが無いのは辛いですが、もう少し厚めのジャケットも部屋着として活用して、外出時には上からダウンジャケットを羽織ります。

気温が上がれば汗ばむくらいになりますが、早く修理に出さなかった自分が悪いので我慢します。電車代をかけてまで修理に出しに行くのは面倒だったのです。もちろんその為だけに都会にでるのも時間がかかるので行きませんでした。

最低限の数の服で、足りなくても持っている物でやりくりすれば、なんとかなるものです。

息子の竹刀も全て薄く油を塗りました。こまめなメンテナンスが楽しいのです。