年月と共に角が取れてきました。

f:id:pepsi-nex-1:20181226052809j:plain

今日は4時におきました。

窓の外は心地よい静けさ。朝日が登るのを待っています。

昨日は剣道の稽古納めに行ってきました。

次男もすっかり剣士になったので、剣道具袋を注文しました。もう少ししたら、借り物の面と小手と胴も注文しないといけませんね。

子どもが成長すれば、増える物もあれば減る物もあります。

そういえば先日は学習机も買いましたね。参照:小学校入学記念。カリモク60のデスクを購入しました。 – PAPASU

次男は6歳になり身体も大きくなったので、ジュニアシートなしで車に乗っても大丈夫になりました。

小さな車に5人と1ワンが乗るので、小さな車はぎゅうぎゅうです。しかし、ジュニアシート1台分のスペースが空きました。その分、子どもたちの身体も大きくなってきましたが、しばらくはゆとりを楽しめます。

以前書いたように、今月は車の車検に行きました。2年毎に車検はあります。それまでは乗り続けますが、その後数年(次男が中学生になる6年後)で、定員オーバーになるので車を買い換えなくてはいけません。

あと3回車検をして買え変えでしょうか。まだまだですが、予算はきっちり組んでおきましょう。

その時、長男は高校1年生。次男は中学生1年生。長女は小学校3年生。僕は41歳ですね。

もしかしたら長男が中学校に入学する4年後には、もう少し大きな車に買い換えないと行けないかもしれませんね。

その時は僕の弟に車を乗っておいてもらおうと勝手に考えています。

あちこち修理して車の寿命を伸ばしながら、今の車が骨董品になるまで、僕は乗り続けたいのです。

物にはピカピカの新品が美しさのピークの物もあれば、使っていくうちに傷や汚れがついて古くなるほど、かっこ良く美しくなっていく物もあります。

どちらを望むかは好みの問題ですが、僕は後者の古くなればなるほど、かっこ良くなっていく物を選びます。

さて、学習机にあう椅子を作らないとダメなんですが、なかなかデザインが決まりません。暇を見つけてデザインを考えていますが、結局同じような普通のスツールになりそうです。

背もたれや肘掛があれば、子どもたちが身体を傾けたりするので姿勢が悪くなりやすいです。

最初から背もたれや肘掛を無くしておくことで、「姿勢を正しなさい」とガミガミ言わなくてすみます。

もちろん無垢材を使用して傷が思い出と一緒に刻まれるように、丈夫で長持ちするように作らないといけません。

柔らかな木は年月と共に、角が取れて丸みを帯てきます。

4年ほど前に作った踏み台は同じサイズで半年前に作った踏み台より丸くなって優しさを感じます。

角が取れて親しみやすい人間になりたいものです。