後悔しない人生なんてない。だからこそ全力で生きる。

f:id:pepsi-nex-1:20181223062444j:plain

今日は4時起きでした。

窓の外は真っ黒な世界ではなく、常に街灯が休みなく、控えめについています。

毎朝愛犬のポッキーと散歩に行くのですが、朝焼けは毎日違った色をしています。

昔の人が日の出のことを「朝焼け」と呼んだのは、きっとこのような真っ赤な空の色をみたんだなぁと感慨に老けることもあります。かと思えば、びっくりするくらいピンク色をしたネオンのような朝焼けに出会うこともあります。

都会に住んでいると朝焼けをじっくり見る機会がありませんでしたが、山と川と海に囲まれた地域に住んで3年。自然と目線が上を向いて歩くようになりました。

今年もそろそろ終盤に差し掛かり、平成に幕を下ろそうとしています。

30年を振り返ってみて、あっという間だったなぁと言うのが素直な感想です。35歳なので物心ついた時から平成でした。なんだか不思議な感じがします。

僕はバブルは知りませんが、音楽業界は今とは比べ物にならないくらいの好景気で、毎年ミリオンヒットする曲が何曲も出て今でも平成の名曲としてYouTubeなどで人気のようです。

僕の車の中には1枚だけCDが入っています。それは僕が初めて買ったCDを大人になってから買い直した物です。

当時はソニーのラジカセとウォークマンを使用していました。

両方とも兄からのお下がりです。

襖で仕切られた僕と兄の部屋は、ラジカセの音量は僕が許容できる範囲で落としていましたが、それでもまる聞こえ。喧嘩ばかりしていた気がします。

車に乗ってCDをかけると当時の情景がありありと思い出せます。

放課後のクラシック音楽が流れる校庭、盗んで怒られたビワの味、大好きだったのに告白できなかったあの娘の笑顔。

「二度と来ない、今を買う」というキャッチコピーは、クレジットカード会社のCMで使われていました。

いくら後悔しても、今は二度と来ません。

今思えば、僕にとって後悔ばかりの子ども時代。今その時代を生きているのは僕の子どもたち。

出来るだけ後悔のない人生を歩んで欲しいものです。

後悔のない人生を送るために必要なことはたった1つ。

全力で一生懸命生きること。

自分の一生を懸命に生きること。

後悔していることは、行動を起こして失敗したことよりも、何もせずに出来なかった事、しなかった事が大半です。

何よりもまずは挑戦する事を子どもには伝えて行きたいと思います。

今日は日曜日。

午前中は子どもとサッカーの練習に行き、午後からは剣道の稽古に行く予定です。

子どもと一緒にはじめた剣道も2年目の今年、初段審査に合格しました。

実技審査、木刀の型、筆記試験を受けて合格です。

中学生に混じって筆記試験を受けるのは恥ずかしかったですが、挑戦する姿を子どもたちに見せるためにも一生懸命頑張りました。

帰って来たらいつものようにシャワーを浴びて、夕食を食べ、本を読み、20時半に眠る予定です。

毎日、判を押したように同じような生活をする習慣。

年末年始であっても新しい時代になっても続けていく所存です。