10,000円の買い物に失敗した。

今日は5時に起きました。気温は7℃。暖かい。

先日の日曜日は久しぶりに雨が降ったので、サッカー教室は休み。公式戦の場合は雨でも開催されますが、練習の場合は休み。これが中学生くらいになれば雨でも練習があると思います。雨でも試合があるので、そのための練習が必要なため。少なくとも僕が中学、高校でサッカーしていたときにはどろどろでサッカーをしていました。

雨の日には強い相手にも勝てる可能性があがるので、テンションが高くいつも以上に楽しかった記憶があります。いつからかあまり雨が好きではなくなりましたが、雨の日には、じめじめした満員電車に乗って出勤しないといけないからで、雨そのものを嫌っているわけではありません。むしろ雨が降れば埃が流され緑も深くなるので、好きなくらい。雨の日に傘をさして歩くと瞑想に似た感覚をえたことは誰でも経験がありますよね。傘の中だけが自分の世界になる感覚。僕だけかな。

剣道は雨でもあるので、稽古にいく準備をしていたのですが、トラブルがあっていくことをあきらめました。稽古より大事なことがあったからです。先生に怒られるかもしれませんが、僕は稽古よりも大事だとおもって家族みんなで休みました。

マウスを買った話を書いたと思いますが、使うのをやめることにしました。

Macbook Airにトラックパッドがついているので、外部ディスプレイを導入したのを機にマウスを購入してみたのですが、僕には使い勝手が悪かったです。具体的に言えば、ポインタを動かすときに手を動かさなくてはならないこと。

トラックパッドの場合は指を軽く動かすだけでポインタを動かすことができますが、マウスの場合は手でマウスを持ち上げないといけません。せっかく高いお金(マウスに10,000円以上)で買ったので、こだわらずに使い続けようと考えていましたが、どうしても我慢ができず、もやもやしては仕事に支障がでるので買い換えることにしました。

このマウスを持ち上げる動作がとても非効率に感じてしまい、もったいないですが、トラックパッドを購入。マウスが返品できればいいのですが、どうでしょうか?Appleに問い合わせしてみます。両方使ってみた記事を書いてネタにすることはできますが、僕にとって大きな失敗でした。

買い物で失敗したときに失敗を認めずに目をそらせて買って良かったと思い込むことが、どんどん物を貯め込む原因になっている気がします。カバンや靴を購入した時でも使い勝手悪くても失敗をみとめずに使い続けて、ついつい似たような物を追加で購入してしまうこともあるようです。ミキサーやフードプロセッサーも最初は嬉しくて使いますが、だんだんと片付けるのが億劫になり、取り出すのも億劫になり、使わなくなるのです。買った当初は失敗と認めてしまうのがいやでつい続けてしまうのですが、誰もが損を認め得ることが苦手です。投資の世界では損切りができない人は死活問題になります。

買い物だけではなく何でもそうですが、失敗をみとめることが大事であり、未来で同じ失敗をしないようになぜ失敗したのかを考えることがよい経験になったといえると思います。

高級なコートを買ったら気分はいいですが、重くて動きにくかったり、首筋がちくちくして気持ちが悪かったら値段に関係なく処分するべきだと思います。極端な話ですが、自分にとって簡単に処分できない買い物を極力しないことが失敗をさける唯一の方法かもしれません。

買う時にもし使い勝手が悪ければどうしよう。と1度考える事も大切。もしあなたが大金持ちで失敗してもまた買い直せばいいと考えているならそれはそれで結構なことだと思います。僕は出来るだけ失敗をしたくない買い物は良く調べてから買います。

自分が使っている状態を想像してみるのです。今回のマウスは予定外の失敗でした。近所の家電量販店でマウスを使ってみたらよかったと思いました。次からはそうします。

パパス
マウスはオークションにだせば、
5000円くらいの損ですむはず。
最新情報をチェックしよう!

ミニマリストの習慣の最新記事8件